Society of Automotive Engineers of Japan, Inc. 240選TOP JSAE HOME
日本の自動車技術240選
left image
240選トップ乗用車 Part 2 > マツダR360クーペ
 マツダR360クーペ
image
 
 
60年代初めのミニカーブームの先導車。
国産軽乗用車として初めての4サイクルエンジンとトルクコンバータ、車高の低いスマートなボデー、更にエンジンとサスペンションにユニークな技術を採用。
エンジンはオイルパン、クラッチハウジングにマグネ合金、またクランクケース、タイミングカバーにアルミ合金採用の軽量タイプ。
サスペンションは前後輪とも独立懸架でトレーリングアーム式。
dot
保管場所:マツダ株式会社 (〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3ー1)
dot
製作(製造)年:1960
dot
製作者(社):東洋工業株式会社
dot
資料の種類:量産車
dot
現状:展示(静態)・公開
dot
車名 / 製作
車名:R360クーペ
dot
モデル名:(型式 KRBB,KRBC)
dot
会社名:マツダ(株)
dot
製作年:1960
dot
車種・用途:軽乗用
dot
実車所在/模型:マツダ(株)
dot
型式 / 重量
スタイル:クーペ
dot
ドア数:2ドア
dot
乗員:4名
dot
車両重量:380kg
dot
エピソード:当時の四輪乗用で最も安い車。法規上で定員4人
dot
車体 / 寸法
構造:ユニットボデー
dot
全長:2980mm
dot
全幅:1290mm
dot
全高:1290mm
dot
タイヤサイズ:4.80-10-2P
dot
特徴:軽四輪の枠内で最もコンパクトで軽量。
dot
車体 / 車軸 / 操縦 / 付属
前軸:トレーリング・アーム、トーションラバー
dot
後軸:トレーリング・アーム、トーションラバー
dot
軸距:1760mm
dot
前トレッド×後トレッド:1040×1100mm
dot
ステアリング:ラック&ピニオン
dot
ダンパー:複動式ダンパー
dot
スタビライザー:トーションラバー
dot
特徴:全輪独立懸架式で、そのスプリングはトーションラバーとユニークなもの
dot
機関 / 寸法 / 出力
冷却/気筒配列:空冷/90度V2
dot
弁機構:OHV
dot
内径×行程:60×63
dot
排気量:356cc
dot
最高出力/回転数:16ps/5300rpm
dot
特徴:シリンダヘッドとクランクケースにアルミ合金、ロッカーカバーとオイルパンにマグネ合金を採用した軽量な4ストロークエンジン。ドライサンプ式
dot
ハイブリッド
ハイブリッドシステム形式:なし
dot
駆動系
変速機:4MT及び2AT
dot
駆動方式:RR
dot
性能
モード燃費:-
dot
参考文献:1)東洋工業五十年史
dot
その他事項:足ブレーキ:内部拡張式油圧ブレーキ;軽初のトルコン装着;最高速度;90Km/h(MT車);燃費率:32Km/L;
dot
240選トップ乗用車 Part 2 > マツダR360クーペ page top
COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.