Society of Automotive Engineers of Japan, Inc. 240選TOP JSAE HOME
日本の自動車技術240選
left image
240選トップ乗用車 Part 1 > オートモ号車
 オートモ号車
image
 
 
三菱財閥の重役豊川良平の長男順弥は子供の頃から、機械いじり、機械工作が大好きで、26歳の頃、辻啓信と共に白揚社を設立する。また発明好きでジャイロによる船の自動操舵の特許を取り、アメリカに渡り有名なスペリー社との交渉を始める。 一方自動車にも関心が深く、2年間の滞在中に大学にも出入りをし、自動車技術だけでなく、工場経営や機械工作も学ぶ。 大正6年(1917年)に機械輸入業も始め、蒔田鉄司を指導し、自動車の設計と製作を始める。 その製品第1号がアレス号であり、小型化したものがオートモ号である。 当初は空冷、後に水冷エンジンとしており、アレス号は小型から中型、オートモ号は小型のみである。 水冷エンジンのオートモ号はトヨタ博物館でレストアされ展示されている。
dot
保管場所:トヨタ博物館 (〒480-1131 愛知県愛知郡長久手町大字長湫字横道41番100号)
dot
製作(製造)年:1923
dot
製作者(社):白楊社,豊川 順弥
dot
資料の種類:量産車
dot
現状:展示(動態)・公開
dot
車名 / 製作
車名:オートモ(アレス)
dot
モデル名:S(M)
dot
会社名:白揚社
dot
製作年:1923(1926)
dot
設計者:豊川順弥
dot
協力者:池永 羆
dot
車種・用途:小型乗用
dot
実車所在/模型:トヨタ博物館
dot
型式 / 重量
スタイル:フェートン
dot
ドア数:2ドア
dot
乗員:4(5)名
dot
車両重量:450(600)kg
dot
エピソード:オートモ:230台、アレス:500台製作
dot
車体 / 寸法
構造:木骨鋼板
dot
バンパー:なし
dot
ステップ:あり
dot
全長:3030(3600)mm
dot
全幅:1210(1300)mm
dot
全高:1300(1600)mm
dot
タイヤサイズ:3.50-20(26)
dot
特徴:手造り板金ボディ
dot
車体 / 車軸 / 操縦 / 付属
フレーム:鋼板、梯子型
dot
前軸:リジッド、1/2リーフ縦置
dot
後軸:リジッド、リーフ縦置
dot
軸距:2200(2600)mm
dot
前トレッド×後トレッド:1010(1100)mm
dot
車高調整:なし
dot
ステアリング:丸ハンドル
dot
ダンパー:なし
dot
スタビライザー:なし
dot
走行安定装置:なし
dot
機関 / 寸法 / 出力
冷却/気筒配列:空(水)/直列4
dot
弁機構:OHV(SV)
dot
気化器:ゼブラ
dot
内径×行程:59×86(70×115)mm
dot
排気量:945(1770)cc
dot
点火系:沢藤、マグネト式
dot
最高出力/回転数:9/12HP/2600rpm(12/20HP/2600rpm)
dot
排気浄化:消音マフラーのみ
dot
過給機:なし
dot
可変システム:点火時期手動
dot
特徴:OHV第1号エンジン 始:空冷で冷却ファン付 後:水冷に変更
dot
ハイブリッド
ハイブリッドシステム形式:なし
dot
駆動系
変速機:MT3
dot
駆動方式:FR
dot
性能
モード燃費:-
dot
参考文献:三栄書房、国産自動車100年の執跡(1978年)、トヨタ博物館資料
dot
その他事項:シャシー重量:400(500)kg;前照灯:電灯式;ワイパー:なし;ウォッシャ:なし;足ブレーキ:後2輪ドラム;手ブレーキ:センター・バンド式;燃料噴射:なし;比出力:10.2(12.5)HP/L;最高速度:60(80)km/h;
dot
240選トップ乗用車 Part 1 > オートモ号車 page top
COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.