Society of Automotive Engineers of Japan, Inc. 240選TOP JSAE HOME
日本の自動車技術240選
left image
240選トップ乗用車 Part 3 > プリンスR380-型I
 プリンスR380-型I
image
 
 
第2回日本グランプリにスカイラインにて参戦するが、ポルシェに完敗したことから、開発を開始。
昭和39年にプリンスR380が完成。昭和40年に谷田部にて7種目・国内速度記録を達成。翌41年、改良型R380-1にて第三回日本グランプリに出場して総合優勝を果たし、二位にもR380が入る。
以後昭和43年にはシボレー製5.5LV8エンジンを搭載する新型車R381で`68日本グランプリ総合優勝。翌`69日本グランプリでは自社開発6LV12DOHCエンジン(500ps)を搭載したR382で1、2位を独占する。
右写真は`66年第三回日本グランプリでポルシェを破って優勝した砂子義一選手の11号車。
dot
保管場所:日産自動車(株)座間事業所 (〒228-0012 神奈川県座間市広野台2-5000)
dot
製作(製造)年:1966
dot
製作者(社):プリンス自動車工業株式会社
dot
資料の種類:その他
dot
現状:保存・非公開
dot
車名 / 製作
車名:プリンスR380
dot
モデル名:R380-I型
dot
会社名:プリンス自動車工業(株)
dot
製作年:1966
dot
車種・用途:競技用車両
dot
実車所在/模型:日産自動車・座間
dot
型式 / 重量
ドア数:2ドア
dot
車両重量:660kg
dot
車体 / 寸法
バンパー:なし
dot
ステップ:なし
dot
全長:3,930mm
dot
全幅:1,580mm
dot
全高:1,035mm
dot
タイヤサイズ:前5.00L-15、後6.50L-15
dot
車体 / 車軸 / 操縦 / 付属
軸距:2,360mm
dot
前トレッド×後トレッド:1280×1260mm
dot
車高調整:なし
dot
ステアリング:ラック&ピニオン
dot
機関 / 寸法 / 出力
原動機名:プリンスGR8
dot
冷却/気筒配列:-/直6
dot
弁機構:DOHC
dot
気化器:ウエーバー42DC3X3
dot
内径×行程:82×63mm
dot
排気量:1,996cc
dot
点火系:フルトランジスター
dot
最高出力/回転数:200ps以上/8000rpm
dot
ハイブリッド
ハイブリッドシステム形式:なし
dot
駆動系
変速機:ヒューランド5速
dot
駆動方式:FR
dot
性能
モード燃費:-
dot
その他事項:足ブレーキ:ガーリングタイプ・4輪ディスク;
dot
240選トップ乗用車 Part 3 > プリンスR380-型I page top
COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.