Society of Automotive Engineers of Japan, Inc. 240選TOP JSAE HOME
日本の自動車技術240選
left image
240選トップ乗用車 Part 1 > ダットサン 11型フェートン
 ダットサン 11型フェートン
image
 
 
現存する最古のダットサン車。ダットサン車は1931年に発売され(10型、495cc、10ps/3700rpm)、市販1年目は約10台が生産され、32年には11型として約150台が生産された。
その後1933年に自動車取締令が改正されて750ccに排気量アップされ、車種は4人乗セダン、クーペ、フェートン、ロードスター、ライトバン、トラックの各種が製造された。
1935年には横浜工場でシャシーからボディーの一貫生産が加わり、大阪工場との並行生産で、年間3800台を生産する当時としては画期的な大量生産車となった。
当時ダットサン車は、
1)国産車である
2)値段が安い(価格:1350円)
3)日本の道路事情に適している
4)燃料費が安い
5)無免許で運転できる(当時気筒容積が750cc以下の自動車は運転免許が不要だった)
など、の特徴が認められ、自家用車やタクシーとして需要が急速に増大し、「ダットサン」の名称は「小型車の代名詞として使用されるほどに普及した。また、アメリカ、スペイン、ポルトガル、インド、ブラジル等の世界各国にも輸出された。(当時の輸出実績、1934年44台、35年53台、36年87台)
dot
保管場所:日産自動車(株)座間事業所 (〒228-0012 神奈川県座間市広野台2-5000)
dot
製作(製造)年:1932
dot
製作者(社):日産自動車株式会社
dot
資料の種類:量産品
dot
現状:保存・非公開
dot
車名 / 製作
車名:ダットサン
dot
モデル名:11型フェートン
dot
会社名:日産自動車(株)
dot
製作年:1932
dot
車種・用途:乗用車
dot
実車所在/模型:日産自動車・座間
dot
型式 / 重量
スタイル:セダン
dot
ドア数:2ドア
dot
乗員:4名
dot
車両重量:400kg
dot
エピソード:現存する最古のダットサン
dot
車体 / 寸法
バンパー:なし
dot
ステップ:あり
dot
全長:2,710mm
dot
全幅:1,175mm
dot
タイヤサイズ:24"-4"
dot
特徴:ボディは梁瀬自動車や日本自動車で架装
dot
車体 / 車軸 / 操縦 / 付属
軸距:1,880mm
dot
前トレッド×後トレッド:965mm×965mm
dot
特徴:シャシーは日産の前身の戸畑鋳造自動車部大阪工場製
dot
機関 / 寸法 / 出力
冷却/気筒配列:水冷/直列4気筒
dot
弁機構:SV
dot
内径×行程:56mm×76mm
dot
排気量:747cc
dot
最高出力/回転数:12ps/3000rpm
dot
過給機:なし
dot
可変システム:なし
dot
ハイブリッド
ハイブリッドシステム形式:なし
dot
駆動系
変速機:3速・D/S
dot
性能
モード燃費:-
dot
参考文献:1)『日産自動車30年史』日産自動車、1965年
2)『ダットサンの50年』(別冊CG)二玄社、1983年
dot
その他事項:足ブレーキ:ドラム;最高速度:65Km/h
dot
240選トップ乗用車 Part 1 > ダットサン 11型フェートン page top
COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.