Society of Automotive Engineers of Japan, Inc. 240選TOP JSAE HOME
日本の自動車技術240選
left image
240選トップ乗用車 Part 3 > ダットサンブルーバードP510型
 ダットサンブルーバードP510型
image
 
 
昭和42年新しいブルーバード(510型)が「新しい時代の新しいセダン」というキャッチフレーズで発表された。510の特徴は、ロングノーズ・ショートデッキにのプロポーションとスーパーソニックライン(高速ジェット機のフォルムを受け継いだクサビ型のシャープなシルエット)のスタイリングの他、
1)三角窓のない新鮮なスタイリング
2)新設計OHC72馬力エンジン
3)新ストラット型前輪独立懸架
4)新セミトレーリング型後輪独立懸架
5)カーブド・ドアガラス
6)新換気装置
7)安全設計
などが特徴となっている。
基本車種としては4ドア2ドアのデラックス及びスタンダード、1600SSS、ワゴン、バンのデラックスとスタンダードの8車種とタクシー用2車種、トルコン付き4車種の14車種がが同時に発表された。(発売当初からこのクラスで14車種をそろえたのはわが国初)
その後、道路網の整備拡大に伴う高速長距離ドライブ時代に対応するとともに需要の多様化に応えるため、順次バリエーション追加を行ない、ワイドバリエーション体制の充実が図られる。
このようにブルーバードは戦後のわが国モータリゼーションの時代にあって、ファミリーカーとして象徴的存在となり、歴史的名車としてわが国自動車史上の一時代を画した。
右車は昭和45年の第18回東アフリカサファリラリーで総合優勝したマシン。
総合・クラス・チーム優勝の完全制覇だった。第17回サファリラリーを舞台にした映画「栄光の5000キロ」(石原裕次郎主演)は有名。
dot
保管場所:日産自動車(株)座間事業所 (〒228-0012 神奈川県座間市広野台2-5000)
dot
製作(製造)年:1969
dot
製作者(社):日産自動車株式会社
dot
資料の種類:その他
dot
現状:保存・非公開
dot
車名 / 製作
車名:ダットサンブルーバード(1600SSS)
dot
モデル名:P510型
dot
会社名:日産自動車(株)
dot
製作年:1969
dot
車種・用途:乗用車
dot
実車所在/模型:日産自動車・座間
dot
型式 / 重量
スタイル:セダン
dot
ドア数:4ドア
dot
乗員:5名
dot
車両重量:915kg
dot
車体 / 寸法
構造:一体構造方式
dot
バンパー:スチール
dot
ステップ:なし
dot
全長:4,120mm
dot
全幅:1,560mm
dot
全高:1,400mm
dot
タイヤサイズ:5.60-13 4P
dot
車体 / 車軸 / 操縦 / 付属
フレーム:一体構造
dot
前軸:ストラットボールジョイント式
dot
後軸:半浮動式
dot
軸距:2,420mm
dot
前トレッド×後トレッド:1280×1280
dot
車高調整:なし
dot
ステアリング:リサーキュレーティングボール式
dot
ダンパー:前油圧式複動筒型、後油圧式複動筒型
dot
スタビライザー:前トーションバー式
dot
機関 / 寸法 / 出力
原動機名:L16型
dot
冷却/気筒配列:水冷/直4
dot
弁機構:OHC
dot
気化器:2連横向可変ベンチュリ
dot
内径×行程:83×73.7mm
dot
排気量:1,595cc
dot
点火系:蓄電池点火コイル式
dot
最高出力/回転数:100ps/6000rpm
dot
最大トルク/回転数:13.5kgm/4000rpm
dot
過給機:なし
dot
可変システム:なし
dot
燃料タンク容量:46L
dot
ハイブリッド
ハイブリッドシステム形式:なし
dot
駆動系
変速機:4速
dot
駆動方式:FR
dot
性能
モード燃費:-
dot
参考文献:1)『日産自動車社史(1964-1973)』日産自動車、1975年 2)日産自動車サービス周報第138号
dot
その他事項:前照灯:4灯式;ワイパー:羽根付き;ウォッシャー電動式;足ブレーキ:前ディスク式、後リーディングトレーリング式;手ブレーキ:機械式後二輪;最終減速:3,900;最高速度:165km/h;
dot
240選トップ乗用車 Part 3 > ダットサンブルーバードP510型 page top
COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.