Society of Automotive Engineers of Japan, Inc. 240選TOP JSAE HOME
日本の自動車技術240選
left image
240選トップ乗用車 Part 3 > ニッサンフェアレディZ432 PS30型
 ニッサンフェアレディZ432 PS30型
image
 
 
Z432(PS30型)は1969に登場した初代フェアレディZの高性能グレード。
初代フェアレディZは、(1)レースラリーに十分戦えるだけの素地を持ち、性能の極限を追求する、(2)乗用車並みの乗り心地で実用性をもたせセダンとしても十分使える、(3)大量生産可能な、価格も安く重量も適当なものとする、(4)フェアレディの主要市場であるアメリカに十分適合したものとする、との設計方針から開発された。ボデーについては、騒音、気密、居住性の観点からクローズドボデー2人乗りを採用。
Z432は4バルブ、3キャブレター、2本カムという意味を表し、R380エンジンのデチューン版であるS20型エンジンを搭載、最高速210km/h、SS1/4マイル15.8秒を誇った。
尚、アメリカ向けには排気量を2.4Lとし、これを240Zとよんだ。
S20型エンジン
(1)多球形式燃焼室、わが国唯一の4バルブ,V型弁配置,クロスフローポートを持つ
アルミシリンダーヘッドの採用により、吸入効率、熱効率が良く、かつ軽量である。
(2)わが国初めてのフル・トランジスタ式点火装置の採用により低速時から高速時まで安定した火花が得られる。
dot
保管場所:日産自動車(株)商品開発企画室 (〒243-0126 神奈川県厚木市岡津古久560-2)
dot
製作(製造)年:1969
dot
製作者(社):日産自動車株式会社
dot
資料の種類:その他
dot
現状:保存・非公開
dot
車名 / 製作
車名:ニッサン フェアレディZ432
dot
モデル名:PS30型
dot
会社名:日産自動車(株)
dot
製作年:1969
dot
車種・用途:乗用車
dot
実車所在/模型:なし
dot
型式 / 重量
ドア数:2ドア
dot
乗員:2名
dot
車両重量:1040kg
dot
車体 / 寸法
構造:一体構造方式
dot
バンパー:スチール(ラバー付)
dot
ステップ:なし
dot
全長:4,115mm
dot
全幅:1,630mm
dot
全高:1,290mm
dot
タイヤサイズ:6.95H-14-4PR
dot
車体 / 車軸 / 操縦 / 付属
フレーム:一体構造
dot
前軸:ストラットボールジョイント式
dot
後軸:ボールスプライン式
dot
軸距:2305kg
dot
前トレッド×後トレッド:1355×1345mm
dot
ステアリング:ラック&ピニオン
dot
ダンパー:油圧式複動筒型
dot
スタビライザー:トーションバー式
dot
機関 / 寸法 / 出力
原動機名:S20型
dot
冷却/気筒配列:水冷式/直6
dot
弁機構:DOHC
dot
気化器:三連ウェーバー
dot
内径×行程:82×62.8mm
dot
排気量:1989cc
dot
点火系:蓄電池コイル式(フルトランジスタ式)
dot
最高出力/回転数:160ps/7000rpm
dot
最大トルク/回転数:18.0kgm/5600rpm
dot
過給機:なし
dot
可変システム:なし
dot
燃料タンク容量:60L
dot
ハイブリッド
ハイブリッドシステム形式:なし
dot
駆動系
変速機:5速OD付 F/S
dot
駆動方式:FR
dot
性能
モード燃費:-
dot
参考文献:1)『日産自動車社史(1964-1973)』日産自動車、1975年 2)日産自動車サービス周報第184号
dot
その他事項:前照灯:シールドビーム;ワイパー:タンデム型;ウォッシャー:あり;足ブレーキ:(前/後)ディスク/リーディングトレーリング;手ブレーキ:機械式後2輪制動;最終減速:4.444;最高速度:210km/h;
dot
240選トップ乗用車 Part 3 > ニッサンフェアレディZ432 PS30型 page top
COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.