Society of Automotive Engineers of Japan, Inc. 240選TOP JSAE HOME
日本の自動車技術240選
left image
240選トップ排出ガス浄化装置 > 尿素SCRシステム(FLENDS)
 尿素SCRシステム(FLENDS)
image
image
image
当時、尿素SCR技術は火力発電所における脱硝装置等、定値設備での使用はあるもの、凍結、結晶、析出等の取扱いにくい尿素水の物性から自動車へ実用化例は無かった。高圧燃料噴射にてエンジンの『PM低減』『燃費改善』を図り、トレードオフで増加した『NOx』を尿素SCRで除去する手法がエンジンの効率を最大限に発揮できると判断し日産ディーゼルは自動車用尿素SCRシステムの開発に着手。高圧燃料噴射と尿素SCRを組合せた技術FLENDS(Final Low Emission New Diesel Sytem)を世界に先駆け2004年に実用化に成功した。これにより、燃費を新短期規制車比10%向上させつつ新長期(平成17年)排出ガス規制へ適合した新型車両Quon(久遠)を規制施行1年前に発売、地球環境改善に貢献した。FLENDSは、尿素水添加装置、SCR触媒、解凍保温装置付尿素水タンク・配管、尿素水品質センサ、尿素水位センサ等、構成部品それぞれにも世界初の技術満載であり、2005年自動車技術会技術開発賞を受賞した。
dot
保管場所:日産ディーゼル工業㈱
dot
製作(製造)年:2004
dot
製作者(社):日産ディーゼル工業㈱
dot
開発 / 製作
会社名:日産ディーゼル工業㈱
dot
愛称:FLENDS
dot
技術用途:排気ガス浄化
dot
実物所在:国内
dot
製作年:2004
dot
開発完了年:2004
dot
協力:Bosch㈱、日本デルファイ・オートモティブ・システムズ㈱、東京濾器㈱、三井金属鉱業㈱、日本特殊陶業㈱、ニッタ・ムアー㈱
dot
搭載車種 / エンジン / 燃料
搭載車種:トラック・トラクター・バス
dot
エンジン:ディーゼル
dot
エミッションコントロールシステム(含触媒):尿素選択還元型触媒システム(SCR);排気ガス再循環装置(EGRクーラー付き);クローズド式ブローバイ・ガス還元装置;電子式高圧燃料噴射装置(ユニットインジェクター、コモンレール)
dot
効果:NOx,PM,CO,HC,黒煙
dot
エピソード・話題性:自動車用SCRの普及にはAdBlueを供給するためのインフラ整備が欠かせない重要課題であったが、石油業界、化学業界の協力を得て2005年9月には日本全国1,300箇所の供給ステーション設置できた。
dot
特徴:200MPaの高圧で噴射圧力のコントロールが可能な高圧燃料噴射による燃焼改善と、世界発の自動車用尿素選択還元型触媒システムよるNOxの除去。
dot
参考文献:・日産ディーゼル技報(第65号)
・アロマティックスVol.59新年号
・(社)自動車技術会会誌
(Vol.59 No.4,No.2、Vol.58 No.12)
dot
240選トップ排出ガス浄化装置 > 尿素SCRシステム(FLENDS) page top
COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.