会誌「自動車技術」2018年7月号

特集「快適な車室内環境技術」
-Cabin comfort technologies-

 近年、グローバルな気候変動や都市部の大気汚染に代表される劣悪な環境下において、快適な車室内環境が再度注目されるようになってきました。自動化、電動化が多くのネガを消し去りつつある中、快適な車室内環境は移動体の基本的価値として存続するものと考えられます。
 快適な車室内環境技術は、クルマの価値としてこれまで以上に真価を問われるようになってきています。本号では、計測技術から車載技術まで最新技術動向を紹介します。 目次を見る»

  • ■ パネルディスカッション
    より快適で省エネな車室内空調を目指して
    ─車室内環境技術部門委員会発足20周年記念シンポジウム
  • ■ 総括・展望(2編)
  • ■ 基盤技術(4編)
  • ■ 温熱環境向上技術(4編)
  • ■ 空気質向上技術(3編)
  • ■ 関連技術(2編)

各記事の概要は下記よりご覧いただけます

2018年春季大会 Keynote Address 講演要旨

  • ▪変革の波を乗り越えるこれからのクルマづくり 鈴木俊宏氏(スズキ)

第68回自動車技術会賞「技術開発賞」受賞4件の技術紹介

  • ▪シンプルな構造で画期的に性能が向上する歩行者保護エアバッグシステムの開発(SUBARU)
  • ▪ロボットによる鋳鉄溶解炉のノロ取り作業自動化技術の開発(スズキ)
  • ▪高速燃焼とグローバル生産を可能にした新レーザクラッドバルブシート技術(トヨタ自動車/豊田中央研究所)
  • ▪エンジンとシャシーの協調によるG-Vectoring制御車両の開発(マツダ/神奈川工科大学/日立製作所)

連載記事

  • 技術の窓:自動車の快適な室内環境 松永和彦氏(いすゞ自動車)
  • 超の世界:完全レアアースフリーのFeNi超格子磁石の開発─10億年をタイムトリップし,隕石由来の磁石材料を合成─(デンソー)
  • スポットライト:高速で亀裂が完治する自己治癒セラミックス(物質・材料研究機構)
  • 標準化活動レポート:チャイルドシート搭載性確認治具に関する標準化活動
  • 女性技術者の会推進委員会米国視察レポート:GMにおけるダイバーシティ推進─それはビジネスのトッププライオリティ─
  • SAE World Congress Experience,Women's Panel and Networking Breakfastに参加して─女性リーダーからのメッセージ─
  • 匠の技:商品競争力に貢献するモノづくり具現化力 秋本明人氏
  • リレーエッセイ 学生フォーミュラの日々 そして 今:学生フォーミュラとの出会い 海藤広峻氏(本田技術研究所)

ご購入はこちら»

ページトップへ