会誌「自動車技術」2017年6月号

特 集:「生産イノベーション」
-Innovative Manufacturing-

クルマづくりを支えている生産現場にスポットを当て,最先端の生産製造技術を紹介します.座談会は戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)が目指す2020年の日本のものづくり,自動車製造への展開の可能性について,各プロジェクトからお話をいただきました.目次を見る»

  • ■ 総括・展望 (3編)
  • ■ 革新的製造・加工技術 (8編)
  • ■ 生産直結のCAE技術 (2編)
  • ■ 加工設備のダウンサイジング (2編)
  • ■ 評価手法の確立 (2編)

各記事の概要は下記よりご覧いただけます

★自動車技術会 創立70周年企画「クルマづくりの心意気」連載中!

1947年に創立された自動車技術会は本年で70周年を迎えました.会誌編集委員会では,創立70周年を記念して新連載記事を企画し、
各自動車メーカの誕生にまつわる出来事や培った技術などを,エッセイ記事として紹介しています.

お客様の立場になって価値ある製品を作ろう ~「小少軽短美」が創出し続ける時代や地域を超えた新しい価値~ スズキ

連載記事

  • 技術の窓:生産技術への想い浜田昭雄氏(本田技研社友)
  • 超の世界:EVのLLC共振回路に採用される高耐圧・C0G特性の積層セラミックコンデンサと金属端子付MLCC(メガキャップ)への展開(TDK)
  • スポットライト:自己修復性に優れた多機能透明防曇皮膜(産業技術総合研究所)
  • 標準化活動レポート:要素部会活動の紹介
  • リレーエッセイ 学生フォーミュラの日々 そして 今:FSAE is my starting point of Automotive and Motorsport Engineering field Wittawat Imerb氏
  • ちょっとブレイク! ランチタイム 取材場所:UDトラックス 本社・上尾工場

第67回自動車技術会賞「技術開発賞」受賞4件の技術紹介

  • ▪新しい価値を提供する新小型クリーンディーゼルエンジンの開発(マツダ)
  • ▪環境対応車向け電子制御ブレーキシステムの開発(アドヴィックス/トヨタ自動車)
  • ▪熱可塑性CFRPスタンパブル材料およびその適用部品スタックフレームの開発(トヨタ自動車/東レ)
  • ▪世界トップクラスの低燃費を実現したHV用リチウムイオン電池の開発(トヨタ自動車)

※本年は8件受賞.他4件の受賞記事は次号掲載予定.

ご購入はこちら»

ページトップへ