技術で拓く、人とくるまの共創社会
公益社団法人自動車技術会 spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer
境界線 ENGLISH 境界線 サイトマップ 境界線 プレスリリース 境界線 ホーム 境界線
公益社団法人自動車技術会
目的別カテゴリー
イベントに参加する
賞・認定に応募する
論文集に投稿する
購入する
入会する
イベントカレンダー
聴講受付中のイベントはこちら
講演発表受付中のイベントはこちら
 ■ 大会(春季・秋季)
春季大会/秋季大会は国内外の研究者・技術者が日頃の研究成果を講演発表する場です。

直近の大会

▲ 2016年春季大会 2016年 5月25日(水) ~ 27日(金) 横浜市 パシフィコ横浜
▲ 2016年秋季大会 2016年10月19日(水) ~ 21日(金) 札幌市  札幌コンベンションセンター


過去のプログラム
  ▲ 2015年秋季大会  ▲ 2015年秋季大会学術講演会 Summarized Paper
  ▲ 2015年春季大会  ▲ 2015年春季大会学術講演会 Summarized Paper
  ▲ 2014年秋季大会  ▲ 2014年秋季大会学術講演会 Summarized Paper
  ▲ 2014年春季大会  ▲ 2014年春季大会学術講演会 Summarized Paper
  ▲ 2013年秋季大会  ▲ 2013年秋季大会学術講演会 Summarized Paper
  ▲ 2013年春季大会  ▲ 2013年春季大会学術講演会 Summarized Paper
  ▲ 2012年秋季大会
  ▲ 2012年春季大会
  ▲ 2011年秋季大会
  ▲ 2011年春季大会
  ▲ 2010年秋季大会
  ▲ 2010年春季大会  ▲ 2010年春季大会 フォーラムプログラム(テキストの個別金額表示付)
  ▲ 2009年秋季大会
  ▲ 2009年春季大会

学術講演会講演規程・執筆要領
  ▲ 学術講演会 講演規程・要領(第26版)
  ▲ 学術講演会 原稿執筆要領(第26版)
  ▲ 前刷集原稿作成 見本
  ▲ 前刷集原稿作成 テンプレート
  ▲ Summarized Paper 原稿作成 見本
  ▲ Summarized Paper 原稿作成 テンプレート
  ▲ 学術講演会 発表資料サンプル

 ■ 自動車技術展
最新自動車技術を“見て・触れて・体験する”ことができる国内唯一の自動車技術・総合展示会です。

自動車技術展 「人とくるまのテクノロジー展」
  ▲ 横浜
  ▲ 名古屋
 ■ 新車技術セミナー
本イベントは、自動車メーカーが発表した新車を題材に、車両のねらいや搭載されて いる新技術についてエンジニア同士が意見交換をする場として、新たに立ち上げるも のです。
技術講演の後には軽食をとりながら車両の企画開発に直接携わった代表者達を囲んで 意見交換をする場も設けます。
自動車技術に関わる研究者、開発者の皆さまのご参加をお待ち致します。
▲第3回自動車技術セミナー
2013年10月の第1回(日産)、2014年12月の第2回(ダイハツ)に引き続き、第3回(マツダ)を2015年3月に開催予定です。
詳細はこちら

《過去の開催情報》

▲第1回新車技術セミナー <PDFファイルを開く>
▲第2回新車技術セミナー<PDFファイルを開く>
 ■ フォーラム
参加費無料の講演会形式で、自動車関連の最新技術をわかりやすく紹介するイベントです。

フォーラムテキスト執筆・講演要領
※ 原稿作成の際は、必ずテンプレートをご使用ください。
  
 ■ シンポジウム
専門技術分野の先端的な研究動向、技術動向をいち早く紹介することを目的としたセミナーです。
▲ シンポジウム
 ■ 講習会(自動車工学基礎講座)
自動車工学全般の基礎を体系的に学ぶ講座です。年数回開催します。
▲ 自動車工学基礎講座
 ■ 公開委員会
自動車に関する最先端の技術を紹介する委員会です。興味があればどなたでも無料で参加いただけます。
 ■ 国際会議
特定の技術分野に的を絞った特徴ある国際会議や、FISITA大会などの総合国際会議を開催します。
▲ 国際会議
 ■ 支部行事
各支部の特色を活かした見学会、講習会、教育・社会貢献活動など会員に密接したきめ細かい活動を行っています。
▲ 北海道支部
▲ 東北支部
▲ 関東支部
▲ 中部支部
▲ 関西支部
▲ 九州支部
 ■ 技術者育成活動
技術者の技術レベルの維持と向上を目的とした技術者育成体制の整備を進め、技術者の継続的な能力開発への積極的な支援を行っています。
点線
▲ 自動車エンジニアレベル認定制度
会員の自動車技術に関する技術レベルを認定することにより、誇りと自信を持って積極的に能力開発に取り組み、活躍の場を広げることを目的に制定されました。会員が能力開発に努めた実績や小論文、面接によりJSAEエンジニア、JSAEシニアエンジニア、JSAEプロフェッショナルエンジニア、JSAEフェローエンジニアの認定を行います。
 ■ 学生活動
自動車技術会では、学生に対する自動車への興味の醸成を目的とした学生参加企画や、ものづくりの重要性を学び、開発プロセスを体得する機会を提供するための支援を行っています。
また、学生が在籍中に実務経験を踏み、将来、技術者として活躍するための機会を提供するインターンシップ・プログラムも実施しています。
点線
▲ 全日本 学生フォーミュラ大会
学生たちがチームを組んで約1年かけて製作した小型フォーミュラカーを持ち寄り、企画・設計・走行性能など、ものづくりの総合力を競います。
5日間にわたり、仮想条件による「プレゼンテーション」、「デザイン(設計)」及び「コスト」の静的審査、「加速」、「旋回性」及び「耐久性・効率」を競う動的審査を行います。
点線
▲ 学生・キッズ向け事業へのご支援のお願い
本会では、次世代の技術者を育成するため、学生やキッズを対象とした「ものづくり活動」および「国際交流」を積極的に進めております。
これらの事業へご賛同頂き、ご支援頂ける場合は、上のリンクよりご寄付を頂ければ幸いです。
PAGE TOP
個人情報の取り扱いについて リンク・著作権・ロゴについて 各種申請手続 COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.