トップページ >> Motor Ring No.16 >> 編集後記
JSAE

編集後記


Motor Ring No.16 編集後記

 私は今回はじめて本誌の編集を担当させて頂きました。学生の頃、毎号楽しみにMotor Ringを見ていた自分がまさか作成する側に立つとは・・・という驚きで一杯です。そして同時に、今回のMotor Ringがどれだけ皆さんのお役に立てるのかという不安な心境もあります。
 今号は“自動車に関わるシミュレーション技術”を特集として編集を行ってきました。私自身、学生の頃にガソリンエンジン機関の筒内流動のシミュレーションを勉強していた経緯もあり、この楽しみを少しでも多くの皆さんに知って頂きたいという気持ちがあったからです。シミュレーションは仮定をおき、適応を間違えさえしなければ、実験では見えないものを見えるようにする魔法のツール?に成り得ます。また、何らかのシミュレーションを行うという事は、私たちがその物理現象を勉強するという目的においても最良の方法の1つだとも思っています。
 現在の自動車開発において、シミュレーションの技術は幅広く適応され、大きなウェイトをしめてきています。本誌をご覧になった皆さんが一人でも多く、こういった技術に興味を持って頂ければ幸いです。
(財)日本自動車研究所
安全・情報研究部
菊地一範

TOPPAGE Copyright(c) Society of Automotive Engineers of Japan, Inc.
All rights reserved.