トップページ >> MotorRing No.18
JSAE

MotorRing No.18


MotorRing No.18 

特集 : 全日本 学生フォーミュラ大会

2004年2月10日発行

このページでは、MotorRing No.18をダウンロードできます。ダウンロードの前に、「注意」をお読みください。


MotorRing No.18 表紙

< 表紙写真:上から >

・ エンデュランス(耐久)を完走した7台による,
 富士スピードウェイ  本コースを使った
 パレードラップ

・ 総合1位 上智大学のエンデュランス(耐久)
        ラップ
・ 総合3位 東京大学チーム
・ 総合2位 国士舘大学のスキッドパッドラップ
■第1回 全日本 学生フォーミュラ大会を迎えて
  ごあいさつ
〜 社団法人自動車技術会 会長 神本武征

大会の開催趣旨
大会開催の経緯
世界各地で開催されるフォーミュラ大会
■大会 参戦記
  1位 上智大学 - チームチャプテン 寺山和宏
2位 国士舘大学 - チームチャプテン 森本達也
3位 東京大学 - チームチャプテン 上原英司

■競技概要 & リザルト
     
■参加チームマシンスペック概要
   
■デザイン審査
 上位3チームに見るマシンのデザイン考察
  デザイン審査1位
  長井達郎(東京電機大学チームキャプテン)
同上2位
  渡辺敏彦(神奈川工科大学チームキャプテン)

同上3位
  向井秀明(宇都宮大学チームキャプテン)

■マシンコンセプト - プロの現場サイドからのノウハウ
  森久男、飯塚政雄、宮田卓英
(マイスタークラブ:モノ造り支援アドバイザーグループ)
■大会スタッフボランティアから見た第1回 全日本
  学生フォーミュラ大会
  泉沢幸雄(日本大学理工学部機械工学科)
上原勇(日本大学理工学部機械工学科)
■第1回全日本 学生フォーミュラ大会を終えて
   - 金沢大学の挑戦-
 坂井敏之(金沢大学チームキャプテン)
■大会観戦記
 山本 武(本号編集担当-日本大学大学院)
 
■声
 次号(No.19) 大型車特集について
■モータースポーツ特集
   「量産V6型エンジンのモータースポーツ適用」
 進士 守
  (ニッサンモータースポーツインターナショナル)
稲垣健夫
  (ニッサンモータースポーツインターナショナル)

■第2回大会 開催概要
 
■編集後記
 山本 武
日本大学大学院理工学研究科機械工学専攻

TOPPAGE Copyright(c) Society of Automotive Engineers of Japan, Inc.
All rights reserved.