• トップ
  • お知らせ
  • 【参申込受付中】No.02-16 「動力伝達系の最新技術 2016 ─快適性と環境性能を両立する最新駆動系─」 シンポジウム

イベント

【参申込受付中】No.02-16 「動力伝達系の最新技術 2016 ─快適性と環境性能を両立する最新駆動系─」 シンポジウム

2016.09.13

No.02-16 「動力伝達系の最新技術 2016 ─快適性と環境性能を両立する最新駆動系─」 シンポジウム
◇日 時: 2016 年11 月10 日(木)
◇会 場: 東京工業大学 大岡山キャンパス 大岡山西9号館 ディジタル多目的ホール
       〒152-8550 東京都目黒区大岡山 2-12-1 http://www.titech.ac.jp/maps/index.html
◇協賛(予定):  精密工学会,日本機械学会,日本フルードパワーシステム学会
◇企 画: 動力伝達系部門委員会/CVT・ハイブリット部門委員会
◇定 員: 250 名 ◇参加費(消費税込・テキスト1 冊込):
 正会員 16,200 円/学生会員 3,240 円/賛助会員 22,680 円/一般の方 32,400 円/協賛学協会の会員 22,680 円

◇参加申込締切日:2016 年11 月3 日(木)  申込はこちらから☞ https://tech.jsae.or.jp/evententry/index.aspx?id=02-16
◇参加申込キャンセルについて:
 11 月3 日まで:キャンセル料は発生いたしません.ご入金済の場合は,送金手数料を除き返金いたします.
 11 月4 日以降:ご出欠にかかわらずキャンセル料として,参加費全額をお申し受けます.開催終了後,テキストを送付いたします.
【参加のおすすめ】
 本シンポジウムでは快適性と環境性能を両立する次世代駆動系として、要素、コンポさらに電動車に関する最新情報を提供します。本分野に携わる方々の参加をお待ちしております。講演終了後、恒例となりました講師を交えた技術懇談会(会費¥2,000)を開催しますので、奮ってご参加下さい。懇談会参加希望の場合は、参加登録と同時にWebにてお申込ください。
【プログラム】
 10:00 開会挨拶 CVT・ハイブリッド部門委員会委員長 東海大学 落合成行氏
司会 東海大学 落合成行氏
 10:10  異物混入下のベアリング疲労寿命に及ぼす潤滑油の影響 出光興産㈱ 横溝真人氏  10:40  ステレオカメラ画像処理を活用したトルクコンバータ内部流れの3D 計測手法の開発 ジヤトコ㈱ 高橋祐二氏
 11:10  泥水環境下におけるドライブトレインユニットのシール設計技術開発 日産自動車㈱ 西島丈夫氏
 11:40 昼食
司会 一関工業高等専門学校 澤瀬 薫氏  12:30 新型インプレッサ用リニアトロニックの開発 富士重工業㈱ 立松憲明氏
 13:00 【英語講演】 Modular 8-Speed Hybrid Dual Clutch Transmission with Integrated All-Wheel Transfer Case by ZF
      ZF Friedrichshafen AG - Brandenburg /Kressbronn Bernd LOEFFLER 氏
 13:30  コンパクト車用新型ハイブリッドトランスアクスルの開発 トヨタ自動車㈱ 西峯明子氏  14:00 休憩
司会 横浜国立大学大学院 佐藤恭一氏
 14:10 小型電動リヤ駆動ユニットの開発 アイシン精機㈱ 田原安晃氏
 14:40  安心安全と低燃費を両立する新型四輪駆動システムの開発 マツダ㈱ 原澤 渉氏  15:10 新型TITAN 用ドライブトレイン開発 日産自動車㈱ 坊垣善夫氏・日産ライトトラック㈱ 荒川令士氏
 15:40 休憩
司会 京都大学大学院 小森雅晴氏
 15:50 ピックアップトラック用新規6 MT開発 いすゞ自動車㈱ 野原和彦氏  16:20  軽スポーツ用新開発6 速マニュアルトランスミッション ㈱本田技術研究所 岩崎正明氏
 16:50 閉会挨拶 動力伝達系部門委員会委員長 京都大学大学院 小森雅晴氏

◆プログラムは講師,会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります.
◆CPDについて 
 本講習会(シンポジウム)に参加されると,
 自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発ポイント(CPDポイント)」が取得できます.  詳細のご案内【URL】https://tech.jsae.or.jp/rireki/menu.html 


問合せ先:
育成・イベントグループ 中野・福田・藤本 
Tel. 03-3262-8214/Fax. 03-3261-2204 E-mail: sympo@jsae.or.jp

【添付ファイル】
プログラム
講演要旨

» 一覧に戻る

ページトップへ