• トップ
  • お知らせ
  • 【参加申込受付中】No.06-16 「自動車の振動騒音技術に求められるもの」 シンポジウム

イベント

【参加申込受付中】No.06-16 「自動車の振動騒音技術に求められるもの」 シンポジウム

2016.10.13

No.06-16 「自動車の振動騒音技術に求められるもの」 シンポジウム
◇日 時: 2016 年12 月2 日(金)
◇会 場: 中央大学駿河台記念館 281 号室(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)
      http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/
◇協賛(予定): 日本音響学会,日本機械学会,日本騒音制御工学会
◇企 画: 振動騒音部門委員会
◇定 員: 280 名 ◇参加費(消費税込・テキスト1 冊込):
 正会員 16,200 円/学生会員 3,240 円/賛助会員 22,680 円/一般の方 32,400 円/協賛学協会の会員 22,680 円

◇参加申込締切日:2016 年11 月25 日(金)  申込はこちらから☞ https://tech.jsae.or.jp/evententry/index.aspx?id=06-16
◇参加申込キャンセルについて:
 11 月25 日まで:キャンセル料は発生いたしません.ご入金済の場合は,送金手数料を除き返金いたします.
 11 月26 日以降:ご出欠にかかわらずキャンセル料として,参加費全額をお申し受けます.開催終了後,テキストを送付いたします.
【参加のおすすめ】
  自動車の振動騒音技術へのニーズは時代と共に変化しています.近年は低燃費化に伴う振動騒音への悪化への対応が進められていますが,今後もハードやソフトの複雑化に対応していく必要があります.また,新たな厳しい車外騒音規制R51-03 が発行され,車外騒音の低減も重要なテーマとなってきており,それらに向けた最新の取り組みについて紹介していただきます.
【プログラム】

  9:30 開会挨拶 振動騒音部門委員会 委員長 首都大学東京 吉村卓也氏
【司会 日産自動車㈱ 榎本俊夫氏】   9:40  自動車の振動騒音をとりまく環境(今回のシンポジウムのテーマ説明) 首都大学東京 吉村卓也氏
  9:50 振動騒音研究の変遷 中央大学 大久保 信行氏
 10:50  プリウス開発責任者が語る! 自動車の開発と振動騒音への期待 トヨタ自動車㈱ 豊島浩二氏,福永 恒太郎氏
 11:50 全体討議・昼食  13:00 日産の新e-Power 技術の紹介 日産自動車㈱ 餌取秀一氏
 13:25  1D-CAEによるアイドルストップ復帰時エンジン再始動振動の改善 ㈱本田技術研究所 宮田祐自氏
 13:50 1DCAE のための電気・機械系の力学とモデル化 キャテック㈱ 長松昭男氏
 14:30 全体討議・休憩  14:45  車室内の静粛性向上,軽量化に寄与するCAE 技術の開発 マツダ㈱ 山川啓介氏
 15:10 タイヤの放射音低減技術 ㈱ブリヂストン 北原 篤氏
 15:35  車外騒音台上計測システムを用いた加速中のタイヤ 騒音の定量化手法の開発 トヨタ自動車㈱ 高平正清氏
 16:00 タイヤ振動騒音研究最前線 神奈川工科大学 石濱正男氏  16:45 閉会


◆プログラムは講師,会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります.
◆CPDについて 
 本講習会(シンポジウム)に参加されると,
 自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発ポイント(CPDポイント)」が取得できます.  詳細のご案内【URL】https://tech.jsae.or.jp/rireki/menu.html 


問合せ先:
育成・イベントグループ 中野・福田・藤本 
Tel. 03-3262-8214/Fax. 03-3261-2204 E-mail: sympo@jsae.or.jp

【添付ファイル】
プログラム

» 一覧に戻る

ページトップへ