• トップ
  • お知らせ
  • <参加者募集>No.09-17「動力伝達系の最新技術2017-快適性と環境性能を両立する最新の駆動系-」シンポジウム(動力伝達系部門委員会/CVT・ハイブリッド部門委員会)

イベント

<参加者募集>No.09-17「動力伝達系の最新技術2017-快適性と環境性能を両立する最新の駆動系-」シンポジウム(動力伝達系部門委員会/CVT・ハイブリッド部門委員会)

2017.09.27

本シンポジウムでは、快適性と環境性能を両立する次世代駆動系として、要素、コンポさらに電動車に関する最新情報を提供します。本分野に携わる方々の参加をお待ちしております。講演終了後、恒例となりました講師を交えた技術懇談会を開催します。奮ってご参加下さい。

【開催日】 2017年11月28日(火)
【会 場】 東京工業大学 大岡山キャンパス 大岡山西9号館 ディジタル多目的ホール
      (東京都目黒区大岡山2-12-1)
      アクセス:http://www.titech.ac.jp/maps/ookayama/ookayama.html
【定 員】 250名
【参加費】 (消費税込/テキスト1冊込)
       正 会 員:16,200円 学生会員:3,240円 賛助会員:22,680円
      一般の方:32,400円 協賛学協会の会員:22,680円
      (希望者のみ)技術懇談会 参加費:2,000円

【企 画】 動力伝達系部門委員会/CVT・ハイブリッド部門委員会
【協 賛】 一般社団法人日本フルードパワーシステム学会
      一般社団法人日本機械学会、公益社団法人精密工学会(予定)

【申 込】 こちらのページからお申込みください。

  ※キャンセルについて
    開催7日前までのキャンセル:送金手数料を除く全額が返金されます
    開催6日前~当日キャンセル:ご出欠にかかわらずキャンセル用として参加費全額を申し受けます

【プログラム】 PDF(各講演要旨をご覧いただけます)

9:30 開会挨拶 東海大学 落合 成行 氏
(CVT・ハイブリッド部門委員会 委員長)
9:40 大型トラック・バス用新開発AMT 三菱ふそうトラック・バス 中村 剛 氏
10:10 変速機付きホイールハブモータとその検証 日本精工 山本 慎 氏
10:40 - 休憩 -
10:50 GKN TWINSTER  A modular AWD hang on system to
 improve efficiency, mobility and handling performance
GKN Driveline International 
Michael Hoeck 氏
11:20 ハイブリッド用AGSの開発 スズキ 塩入 康司 氏
スズキ 瀬﨑 文俊 氏
11:50 e-Powerの開発 日産自動車 有吉 伴弘 氏
12:20 - 昼食休憩 -
13:10 コンパクトクラス用新型プラグインハイブリッドトランスアクスルの開発 トヨタ自動車 鈴木 陽介 氏
13:40 新FR10速オートマチックトランスミッションの開発 アイシン・エィ・ダブリュ 溝口 泰弘 氏
14:10 自動変速機用油圧制御装置における摺動部の潤滑解析 豊田中央研究所 友田 達規 氏
アイシン・エィ・ダブリュ 藤井 規臣 氏
エィ・ダブリュ・エンジニアリング 中村 康志 氏
14:40 - 休憩 -
14:50 乾式複合CVTベルトについて ~高負荷・高効率化~ バンドー化学 土井 育人 氏
15:20 NSX用9速デュアル・クラッチ・トランスミッションの開発 本田技術研究所 小林 翔悟 氏
本田技術研究所 上野 隆雄 氏
15:50 新FF8速AT”Direct Sfhit-8AT”の開発 トヨタ自動車 吉水 一能 氏
16:20 閉会挨拶 京都大学 小森 雅晴 氏
(動力伝達系部門委員会 委員長)

※プログラムは講師、会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります。

※CPDポイント
本シンポジウムに参加されると、自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発(CPD)ポイント」が取得できます。
詳細はこちら


【問い合わせ先】
(公社)自動車技術会 シンポジウム運営事務局 山本・露木

E-mail: sympo@jsae.or.jp Tel: 045-453-2225

» 一覧に戻る

ページトップへ