• トップ
  • お知らせ
  • <参加者募集>シンポジウム No.17-17「省エネを支える伝熱技術-熱マネージメント-」(伝熱技術部門委員会)

イベント

<参加者募集>シンポジウム No.17-17「省エネを支える伝熱技術-熱マネージメント-」(伝熱技術部門委員会)

2017.11.28

参加のおすすめ:地球温暖化対策として排気ガス規制,省動力による燃費向上などの対策が取り組まれています.
ここでは,省エネを支える伝熱技術として,熱マネージメントをキーワードに最新の技術動向,
計測技術を紹介します.

日時 2018年2月16日(金)
会場 発明会館ホール(港区虎ノ門2-9-14)
http://hatsumeikaikan.com/access1.html
協賛(予定) 日本機械学会、人間- 生活環境系学会
企画 伝熱技術部門委員会
定員 200名
参加費(消費税込・テキスト1 冊込) 正会員 16,200 円/学生会員 3,240 円/賛助会員 22,680 円/一般の方 32,400 円 /協賛学協会の会員 22,680 円
参加申込/申込締切日 2018年2月15日(木)定員になり次第,締め切ります.
申し込みはこちら:https://www.gakkai-web.net/php-bin/gakkai/jsae/reg_sympo/new2.php?i=kAuZPMrT
参加申込キャンセルについて 2月8日まで:キャンセル料は発生いたしません.ご入金済の場合は,送金手数料を除き返金いたします.
2月9日以降:ご出欠にかかわらずキャンセル料として,参加費全額をお申し受けます.開催終了後,テキストを送付いたします.

プログラム

プログラム詳細(PDF)

10:00 開会挨拶 伝熱技術部門委員会委員長 群馬大学理工学研究院 古畑 朋彦氏
司会 (国研)産業技術総合研究所 染矢 聡氏
10:10 熱マネジメントの新たな潮流とシステムズエンジニアリング 日産自動車 古川 泰典氏
11:00 次世代の自動車空調省エネ化技術とその展望 東京都市大学 郡 逸平氏
11:30 相変化材料とヒートパイプを用いたLIB セル冷却システムの試作と外部短絡実験 芝浦工業大学 小野 直樹氏
12:00 昼食休憩
13:30
エコ運転支援技術への走行履歴の活用
司会 ㈱豊田中央研究所 山中 玄太郎氏
トヨタ自動車㈱ 佐伯 欣洋氏
14:00 高温域の熱マネージメントのための潜熱蓄熱材料開発 北海道大学大学院工学研究院 能村 貴宏氏
14:30 トリラテラル蒸気サイクルの開発 東京大学生産技術研究所 鹿園 直毅氏
15:00 休憩
15:30
PEFC 氷点下起動における凍結・水輸送現象
司会 カルソニックカンセイ㈱ 岩崎 充氏
北海道大学大学院工学研究院 近久 武美氏,田部 豊氏
16:00 EGR クーラ内におけるPM 堆積層の剥離挙動に及ぼすエンジン運転条件の影響 群馬大学理工学研究院 古畑 朋彦氏
16:30 1000K の気流の温度速度同時可視化計測 (国研)産業技術総合研究所 染矢 聡氏
17:00 閉会挨拶 ㈱豊田中央研究所 山中 玄太郎氏

◆プログラムは講師,会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります.

◆CPDについて
本講習会(シンポジウム)に参加されると,自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発ポイント(CPDポイント)」が取得できます.
詳細のご案内【URL】https://tech.jsae.or.jp/rireki/menu.html

【お問合せ】

(公社)自動車技術会 シンポジウム運営事務局 山本・露木
E-mail: sympo@jsae.or.jp
Tel: 045-453-2225

» 一覧に戻る

ページトップへ