• トップ
  • お知らせ
  • <参加者募集>公開委員会「Cars that think and communicate Part III ⾃動運転のためのセンシング技術 - センシングから情報活⽤まで -」(エレクトロニクス部門委員会)

イベント

<参加者募集>公開委員会「Cars that think and communicate Part III ⾃動運転のためのセンシング技術 - センシングから情報活⽤まで -」(エレクトロニクス部門委員会)

2018.10.22

現在、高度運転支援技術は既に実用化され、SAEレベル3/4に相当する自動運転技術も近い将来に実現されつつあります。 国内外において様々な実証実験が計画・実施され、開発が進んでいます。 中でもドライバーの目や耳にあたるセンシング技術、またそこから得られた情報を活用する為の車載ネットワーク技術は重要な機能を担います。そこで今回エレクトロニクス部門委員会では、一昨年の深層学習、昨年の音声認識技術に関する公開委員会に続き、センシングと情報活用というテーマの中から今回は首都大学東京から松井先生、ソニーセミコンダクタソリューションズから広田様、またデンソーから石原様をお招きし、イメージセンサー開発の最先端から、マイクロ波レーダーの生体検出への応用、また得られた情報の活用に注目した車載ネットワークについてという3部構成のご講演をいただく機会を設けました。高度運転支援機能や自動運転技術の研究・開発等に関わる皆様に広く技術/情報などを共有したいと思います。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

 

日時

2018年1122日(木)13:0017:40

会場

株式会社デンソー 東京支社(中央区日本橋2-7-1  東京日本橋タワー15階)

交通:   地下鉄 銀座線・東西線・浅草線 日本橋駅直結,JR東京駅 八重洲北口 徒歩6

http://office.sumitomo-rd.co.jp/nihombashi/access.html

*入場方法は参加者の方に別途ご連絡します.

企画

エレクトロニクス部門委員会

定員

20名(除く企画委員会委員)

参加費

無料

参加申込/申込締切日

2018年1116日(金)*先着順(定員となり次第、締切とさせていただきます)
申し込みはこちら:https://tech.jsae.or.jp/opencom/Entry.aspx?id=0059

プログラム

13:00 ~ 13:10
委員長挨拶:    福田 敏男氏(名城大学)

13:10
 14:30
セミナー「自動運転の安全を高めるイメージセンサー ~Safety Cocoon~」

講師:広田 功 氏(ソニーセミコンダクタソリューションズ(株)車載事業部 車載ビジネス部 上級主任研究員)[i] 

要旨:自動運転の安全性を高めるためには、「人の目を超える」イメージセンサーステムが必要である。360°全方位をカメラで認識することで、あらゆるシーンで安全性を高めることができる。これを実現するソニー車載イメージセ ンサのコンセプト「Safety Cocoon」を「人と車とイメージセンサー」の視認性を対比しながら説明する。

(休憩)

14:40
 16:00
セミナー「車は病院になるか?ー非接触生体計測を用いたうつ病、感染症、覚醒度モニター」

講師:松井 岳巳 氏(首都大学東京 システムデザイン学部 教授)[ii]

要旨:2015年324日、ドイツの格安航空会社ジャーマンウイングスでは、うつ病に罹患した副操縦士が150人乗りのエアバスA320を故意にアルプス山脈に墜落させた。副操縦士は精神科を受診していたが、医師の守秘義務により、ジャーマンウイングス社に副操縦士の精神状態が操縦に耐えない事実が報告されることはなかった。航空機を含む乗り物自体が診断機能を有し、乗員の精神状態を把握できたら、このような事故は未然に防げた可能性がある。 登壇者は、これまでドップラーレーダーやサーモグラフィーなどを用いて、呼吸や心拍、体表面温度などのバイタルサインの非接触計測を行うとともに、これらを用いたうつ病や感染症などのスクリーニングアルゴリズムの提案とシステム開発&臨床応用を、精神科医や内科医などと共同で行ってきた。これらの研究の一部は椅子に組み込んだドップラーレーダーを用いており、車載の可能性を秘めている。提供する主な話題は以下の通りである。

           ①精神負荷による自律神応答を用いたうつ病スクリーニングアルゴリズムの提案と臨床応用

            -------ドップラーレーダーを用いた非接触・自律神経モニター

               ②感染症スクリーニングシステムの開発とインフルエンザ及び2017年デング熱パンデミック(ベトナム)のスクリーニング

           ③ドップラーレーダーを用いた覚醒度(左DLPFC脳血流量(NIRS))推定の試み

(休憩)

16:10:-17:30
セミナー「自動運転、コネクテッドカーを支える将来要素技術開発 -Beyond 5Gを目指すNICT国プロの紹介」
講師:石原 秀昭 氏(株式会社デンソー モビリティシステム統括部モビリティシステム戦略室)[iii] 

要旨:昨今、自動運転、コネクテッドカーの話題が花盛りである。これらの将来の応用を想定した場合、車載センサーや車載コンピュータと社会インフラ網とを大容量情報通信で結ぶ必要がある。そこで、その主要技術として、光通信と電気通信が融合した車載LAN技術、Beyond 5G無線技術について、そのイノベーションの牽引役と考えられる半導体デバイスの技術革新を中心に将来を展望する。

17:30
~ 17:40
閉会挨拶  

*******************************************************************

[i] 
  1985年ソニー(株)入社後、CCD/CMOSイメージセンサー商品開発に33年間従事。CCDイメージセンサー時代は、放送業務用、カムコーダー用、デジカメ用CCDの商品化を担当。CMOSイメージセンサー時代は、センサ、信号処理、特殊光学、測距など応用開発に従事。現在は、測距技術を生かして車載センサーの先行開発と技術戦略を担当.

[ii]
  筑波大学大学院理工学研究科修了. 防衛医科大学校 防衛医学研究センターを経て2005年の首都大学東京 開学と同時にシステムデザイン学部 教授. 博士(医学)

[iii]  1982年名古屋大学大学院工学研究科博士前期課程修了.同年日本電装(株)(現在のデンソー)入社.オリジナル32ビットマイクロプロセッサ、車載通信IP、アナログIPEMC技術、システムLSI設計技術を開発し、トヨタをはじめ国内外のクルマに数多く適用して自動車のエレクトロニクス化の伸展を支えた.

 

【お問合せ】公益社団法人自動車技術会  技術交流課  為田

(公社)自動車技術会 
E-mail: tech@jsae.or.jp
Tel: 03-3262-8235

 

» 一覧に戻る

ページトップへ