技術で拓く、人とくるまの共創社会
公益社団法人自動車技術会 spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer
境界線 ENGLISH 境界線 サイトマップ 境界線 プレスリリース 境界線 ホーム 境界線
公益社団法人自動車技術会
シンポジウム(No.03-13)「動力伝達系の最新技術─環境と走りを追求した次世代駆動系─」参加登録募集中
 本シンポジウムでは環境と快適性を追求した次世代駆動系として,要素,ユニットさらに電動車に関する最新情報を提供します.本分野に携わる方々の参加をお待ちしております.
 講演終了後,講師を交えた技術懇談会(会費¥2,000)を開催します,奮ってご参加ください.
懇談会参加希望の場合は,参加登録と同時にWeb にてお申込ください.

【開催日】2013 年11 月12 日(火)10:00~16:40
【会 場】東京工業大学 すずかけ台キャンパス すずかけホールH2棟3F
     (神奈川県横浜市緑区長津田町4259)
【参加費】正会員 15,750円  学生会員 3,150円  賛助会員 22,050円 一般 31,500円  協賛学協会会員 22,050円
     懇談会費 2,000円 
【企  画】動力伝達系部門委員会/ CVT・ハイブリッド部門委員会
【協  賛】(予定)(公社)精密工学会,(一社)日本機械学会,(一社)日本フルードパワーシステム学会

【申込締切日】2013年11月5日(火)
 ※申込締切日以降でもオンライン参加登録のお申込み可能ですが、キャンセルされる場合、キャンセル料が発生いたします。キャンセルにつきまし て下記詳細も併せてご参照ください。

【キャンセルについて】
 11月5日まで: キャンセル料は発生いたしません。ご入金済の場合は、送金手数料を差し引いた金額を返金いたします。
 11月6日以降: ご出欠にかかわらずキャンセル料として,参加費全額をお申し受けます。なお、開催終了後、テキスト送付いたします。

▼申込はこちらになります。
https://tech.jsae.or.jp/evententry/index.aspx?id=03-13
※クレジット決済が可能です。事前お申込みいただくと当日の受付がスムーズになりますので、是非ご利用下さい。

プログラム:
 10:00 開会挨拶 
     CVT・ハイブリッド部門委員会委員長 横浜国立大学大学院 佐藤恭一氏
司会 一関工業高等専門学校 澤瀬 薫氏
 10:10 CVT8 大容量CVT 用チェーンの技術開発
     ジヤトコ㈱ 吉田 誠氏
 10:40 CVT 用金属ベルトの解析
     ダイハツ工業㈱ 菅野淳一氏
 11:10 トランスミッションケース開発における基本骨格形状最適化
     マツダ㈱ 三浦広樹氏
 11:40 休憩
司会 京都大学大学院 小森雅晴氏
 12:40  Worldwide First 7-Speed Manual Tranmssion for Pasenger Cars
     ZF Friedrichshafen AG Thomas MAIER 氏
 13:10 世界初 FF8 速自動変速機の開発
     アイシン・エィ・ダブリュ㈱ 野畑道夫氏
 13:40 小型車用新型CVT の開発とCVT シリーズ適用について
     ㈱本田技術研究所 戸塚博彦氏
 14:10 休憩
司会 東海大学 落合成行氏
 14:20 FR 用 1 モーター2 クラッチパラレルフルハイブリッドの性能向上
     日産自動車㈱ 菅 章二氏
 14:50 FR 2.5L 用 新ハイブリッドトランスミッションの開発
     トヨタ自動車㈱ 白鳥浩崇氏
 15:20 休憩
司会 横浜国立大学 佐藤恭一氏
 15:30 アウトランダーPHEV 用ツインモーター4WD の開発
     三菱自動車工業㈱ 加藤 智氏
 16:00 ハイブリッドリニアトロニックの開発
     富士重工業㈱ 木嶋俊介氏
 16:30 閉会挨拶 
     動力伝達系部門委員会委員長 高エネルギー加速器研究機構 山中 将氏

◆プログラムは講師,会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります.

▼CPDについて
本講習会(シンポジウム)に参加されると、
自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発ポイント(CPDポイント)」が取得できます。
詳細のご案内【URL】https://tech.jsae.or.jp/rireki/menu.html
PDF プログラム
PDF プログラム要旨
PAGE TOP
個人情報の取り扱いについて リンク・著作権・ロゴについて 各種申請手続 COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.