技術で拓く、人とくるまの共創社会
公益社団法人自動車技術会 spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer
境界線 ENGLISH 境界線 サイトマップ 境界線 プレスリリース 境界線 ホーム 境界線
公益社団法人自動車技術会
シンポジウム(No.04-13)「自動車と大気環境影響を考える」参加登録募集中
国内の多くの地域でPM2.5 やオゾンの環境基準が未達成であり,その解決が強く求められている.一方,これらは排出源での低減がリニアに反映されないなど,複雑な生成機構を呈しており,その科学的解明が求められている.
本シンポジウムでは,大気環境改善に対する指針を大気環境,健康影響,自動車技術の各観点から議論する.

【開催日】2013年11月15日(金)10:00~17:00
【会 場】研究社英語センタービル 大会議室
     (新宿区神楽坂1-2)
【参加費】正会員 15,750円  学生会員 3,150円  賛助会員 22,050円 一般 31,500円  協賛学協会会員 22,050円
【企 画】大気環境技術・評価部門委員会
【協 賛】(予定)(公社)大気環境学会,日本エアロゾル学会,(一社)日本エネルギー学会,(一社)日本機械学会,(一社)日本自動車工業会

【参加申込締切日】2013年11月8日(金)
 ※申込締切日以降でもオンライン参加登録のお申込み可能ですが、キャンセルされる場合、キャンセル料が発生いたします。キャンセルにつきまし て下記詳細も併せてご参照ください。

【参加申込キャンセルについて】
 11月8日まで: キャンセル料は発生いたしません。ご入金済の場合は、送金手数料を差し引いた金額を返金いたします。
 11月9日以降: ご出欠にかかわらずキャンセル料として,参加費全額をお申し受けます。なお、開催終了後、テキスト送付いたします。

▼申込はこちらになります。
https://tech.jsae.or.jp/evententry/index.aspx?id=04-13
※クレジット決済が可能です。事前お申込みいただくと当日の受付がスムーズになりますので、是非ご利用下さい。

プログラム:
 10:00 開会挨拶  
     日産自動車㈱ 岡山紳一郎氏
司会(独)交通安全環境研究所 山田裕之氏
 10:10 SAE 研究動向から見た今後の注目点
     群馬大学 新井雅隆氏
 11:00 PM2.5 大気動態と自動車寄与に関する最新の研究動向
     トヨタ自動車㈱ 柴田芳昭氏
 11:50 休憩
 13:00 疫学から見たPM2.5 等,大気汚染物質への対応
    (独)国立環境研究所 上田佳代氏
司会 ㈱いすゞ中央研究所 柴田慶子氏
 13:50 自動車からの排出物の実態
日産自動車㈱ 岡山紳一郎氏
 14:40 休憩
 15:10 自動車からの蒸発ガスの実態
    (独)交通安全環境研究所 山田裕之氏
 16:00 車載計測器PEMS の動向
     Matter 社 Luis Cachon 氏
 16:50 閉会挨拶 
     大気環境技術・評価部門委員会委員長 北海道大学大学院 小川英之氏

◆プログラムは講師,会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります.

▼CPDについて
本講習会(シンポジウム)に参加されると、
自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発ポイント(CPDポイント)」が取得できます。
詳細のご案内【URL】https://tech.jsae.or.jp/rireki/menu.html


PDF プログラム
PAGE TOP
個人情報の取り扱いについて リンク・著作権・ロゴについて 各種申請手続 COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.