技術で拓く、人とくるまの共創社会
公益社団法人自動車技術会 spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer
境界線 ENGLISH 境界線 サイトマップ 境界線 プレスリリース 境界線 ホーム 境界線
公益社団法人自動車技術会
講習会(No.01-14)「自動車開発における人間工学の理論と実践」
 自動車の人間工学的設計・開発をするための基礎的な知識と方法および具体的事例を示すことで,企業あるいは大学の初学者が自動車に関わる人間工学的課題を解決する際に有益となる講習会です.
 また,講師と直接に討議や質疑ができるインタラクティブセッションを企画しているので,人間工学的方法の正しい適用の仕方,結果の正しい解釈の仕方など,自動車人間工学の基礎から応用まで知識の習得と理解が期待できます.
皆様の積極的なご参加をお待ちしております.

【開催日】2014 年9月16日(火)9:45~17:00
【会 場】 産業技術総合研究所 臨海センター別館 11 階 1-3会議室
     (江東区青海 2-4-7)
【参加費】正会員 16,200 円 学生会員 3,240 円 賛助会員 22,680 円 協賛学協会の会員 22,680 円 
     一般の方 32,400 円(消費税込・テキスト1 冊込)
【企 画】ドライバ評価手法検討部門委員会/ヒューマンファクター部門委員会
【協 賛】(予定)(一社)日本人間工学会・ヒューマンインタフェース学会・(一社)日本機械学会・
     (公社)計測自動制御学会・日本感性工学会・(一社)日本交通科学学会・
     日本大学生産工学部自動車工学リサーチ・センター
【参加申込締切日】2014 年9 月9 日(火)
 ※ 定員に満たない場合は,申込締切日以降でもオンライン参加登録のお申込み可能ですが,
  キャンセルされる場合,キャンセル料が発生いたします.
  キャンセルにつきまして下記詳細も併せてご参照ください.

【参加申込キャンセルについて】
 9月9日まで:キャンセル料は発生いたしません.
       ご入金済の場合は,送金手数料を差し引いた金額を返金いたします.
 9月10日以降:ご出欠にかかわらずキャンセル料として,参加費全額をお申し受けます.
       なお,開催終了後テキスト送付いたします.

▼申込はこちらになります。
https://tech.jsae.or.jp/evententry/index.aspx?id=01-14 
※事前お申込みいただくと当日の受付がスムーズになりますので、是非ご利用下さい。クレジット決済が可能です。

プログラム:
 9:45 挨拶 開会挨拶と講習会主旨説明
     日本大学 石橋基範氏
 司会(前半)大阪産業大学 金子哲也氏
 10:00 講師① 自動車設計・開発に貢献を続ける人間工学
     独立行政法人産業技術総合研究所 赤松幹之氏
 10:50 講師② 人間の視覚特性と表示系設計
     日産自動車株式会社 舟川政美氏
 11:40 講師③  睡眠から健康を考える~そのメカニズムと運転を含めた社会問題への影響~
     名古屋大学医学部附属病院 岩本邦弘氏
 12:30 休憩(昼食) 
 司会(後半)京都大学大学院 平岡敏洋氏
 13:30 講師④  二重課題法によるドライバのメンタルワークロード測定
     大阪大学大学院 篠原一光氏
 14:20 講師⑤ ド ライブレコーダによる運転行動分析とその活用
     一般財団法人日本自動車研究所 内田信行氏
 15:10 休憩
 15:25 インタラクティブセッション
     -------------------------------------------------------------
     インタラクティブ・セッションでは,全講師が並行して講演用ポスターの前で話をします(学会のポスター発表の形態).
     各講師と,Face to Face で突っ込んだ議論ができることを狙っています.
     -------------------------------------------------------------
     講師I ①自動車人間工学における統計解析の実践
     日本大学 石橋基範氏
     講師I ②主観,生理,行動指標による疲労の評価
     公益財団法人労働科学研究所 鈴木一弥氏
     講師I ③二重課題法によるドライバの認知負担分析
     慶應義塾大学 大門 樹氏
     講師I ④メンタルワークロードの評価法(仮)
     大阪大学大学院 篠原一光氏
     講師I ⑤ドライバモデルの構築と活用
     日本大学 栗谷川幸代氏
     講師I ⑥ドライビングシミュレータの開発と活用
     大阪産業大学 金子哲也氏
     講師I ⑦実路運転行動計測と運転行動分析
     株式会社豊田中央研究所 大桑政幸氏
     講師I ⑧車載HMI機器の操作しやすさ評価法
     株式会社デンソー 石川貴洋氏
     講師I ⑨ライディングスキル評価技術
     ヤマハ発動機株式会社 大本浩司氏
     講師I ⑩ドライバ特性を考えたコックピット開発(仮)
     マツダ株式会社 松尾純太郎氏
 16:55 挨拶 閉会挨拶  筑波大学 伊藤誠氏

 講演終了後,講師を交えた技術懇親会を開催します.奮ってご参加ください.

 ◆プログラムは講師,会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります.

 ▼CPDについて 
  本講習会(シンポジウム)に参加されると、
 自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発ポイント(CPDポイント)」が取得できます。
 詳細のご案内【URL】https://tech.jsae.or.jp/rireki/menu.html
PDF プログラム
PAGE TOP
個人情報の取り扱いについて リンク・著作権・ロゴについて 各種申請手続 COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.