技術で拓く、人とくるまの共創社会
公益社団法人自動車技術会 spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer
境界線 ENGLISH 境界線 サイトマップ 境界線 プレスリリース 境界線 ホーム 境界線
公益社団法人自動車技術会
参加申込開始!シンポジウム (No.01-15)「自動車開発における人間工学の理論と実践」
№01-15シンポジウム「自動車開発における人間工学の理論と実践」

自動車の人間工学的設計・開発をするための基礎的な知識と方法および具体的事例を示すことで、企業あるいは大学の初学者が自動車に関わる人間工学的課題を解決する際に有益となる講習会です。また昨年に引き続き、講師と直接に討議や質疑ができるインタラクティブセッションを企画していますので、人間工学的方法の正しい適用の仕方、結果の正しい解釈の仕方など、自動車人間工学の基礎から応用まで知識の習得と理解が期待できます。

終了後、講師を交えた技術懇親会を開催します(4,000円/当日支払)。ぜひご参加ください。

【日 時】2015年9月30日(水)
【会 場】産業技術総合研究所 臨海センター別館11階会議室1~3
【協賛(予定)】産業技術総合研究所,(一社)日本人間工学会,(特非)ヒューマンインタフェース学会,(一社)日本機械学会,
     (公社)計測自動制御学会,日本感性工学会,(一社)日本交通科学学会,
     日本大学生産工学部自動車工学リサーチ・センター
【企 画】ドライバ評価手法検討部門委員会・ヒューマンファクター部門委員会
【参加費】正会員 16,200 円 学生会員 3,240 円 賛助会員 22,680 円 
     一般の方 32,400 円 協賛学協会の会員 22,680 円(消費税込・テキスト1 冊込)
【参加申込締切日】2015年9月23日(水)
 ※定員に満たない場合は,申込締切日以降でもオンライン参加 登録のお申込み可能ですが,キャンセルされる場合,
  キャンセ ル料が発生いたします.キャンセルにつきまして下記詳細も併せてご参照ください
【参加申込キャンセルについて】
     9月23日まで: キャンセル料は発生いたしません.ご入金済の場合は,送金手数料を除き返金いたします.
     9月24日以降: ご出欠にかかわらずキャンセル料として,参加費全額をお申し受けます.なお,開催終了後,
     テキストは送付いたします.


▼申込はこちらから
https://tech.jsae.or.jp/evententry/index.aspx?id=01-15
※事前お申込みいただくと当日の受付がスムーズになりますので、是非ご利用下さい。クレジット決済が可能です。

<プログラム>
09:45~10:00  挨拶 開会挨拶と講習会主旨説明  日本大学 石橋基範氏
10:00~12:30  司会(前半)  名城大学 相馬仁氏
10:00~10:30  講師①産総研 自動車ヒューマンファクター研究センターの概要と設立の趣旨  産業技術総合研究所 北﨑智之氏
10:30~11:20  講師② 視覚・色覚の特性と視認性工学  横浜国立大学 岡嶋克典氏
11:20~12:10  講師③ ”聞こえる”音と”聴こうとする”音  産業技術総合研究所 佐藤洋氏
12:10~13:10  休憩 昼食 ※ポスター掲示して閲覧のみ可とする
13:10~17:00  司会(後半)  山梨大学 伊藤安海氏
13:10~14:00  講師④ 人と機械のインタラクション  筑波大学 伊藤誠氏
14:00~14:50  講師⑤ 加齢に伴う認知機能の低下とHMI  京都大学 熊田孝恒氏
14:50~15:05  休憩
15:05~16:55  インタラクティブセッション(※下記参照)
    講師 ①  自動車人間工学における統計解析の実践  日本大学 石橋基範氏
    講師 ②  ドライバモデルの構築と活用  日本大学 栗谷川幸代氏
    講師 ③  脳・神経科学的アプローチによる運転理解: 可能性と落とし穴 (株)豊田中央研究所 堺浩之氏
    講師 ④  心拍変動解析によるヘルスモニタリング  京都大学 藤原幸一氏
    講師 ⑤  二重課題法によるドライバの認知負担分析  慶應義塾大学 大門樹氏
    講師 ⑥  高精度自己位置推定技術に基づくエキスパート・高齢者の住宅街路の運転行動比較 名古屋大学 吉原 佑器氏
    講師 ⑦  ユーザビリティ評価の基礎と実践(仮)  (株)U'eyes Design 梶川忠彦氏
    講師 ⑧  ドライバ特性を考えたコックピット開発(仮)  マツダ(株) 平田義人氏
16:55~17:00   挨拶   閉会挨  拶筑波大学 伊藤誠氏

◆プログラムは講師,会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります.

※インタラクティブセッションについて
 インタラクティブセッションでは、全講師が並行して講演用ポスターの前で話をします(学会のポスター発表の形態).
 各講師と、Face to Faceで突っ込んだ議論ができることを狙っています.

 ▼CPDについて 
  本講習会(シンポジウム)に参加されると、
  自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発ポイント(CPDポイント)」が取得できます。
  詳細のご案内【URL】https://tech.jsae.or.jp/rireki/menu.html 
PDF プログラム
PAGE TOP
個人情報の取り扱いについて リンク・著作権・ロゴについて 各種申請手続 COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.