【21FORUM-10】「SDGsつくる責任 つかう責任」から考える自動車リサイクルの価値創出
~Creating Value for Vehicle Recycling from the Perspective of "SDGs:Responsible Production and Consumption."~

企画委員会

リサイクル技術部門委員会

テーマ

「SDGsつくる責任 つかう責任」から考える自動車リサイクルの価値創出
~Creating Value for Vehicle Recycling from the Perspective of "SDGs:Responsible Production and Consumption."~

開催日

2021年7月8日(木) 9:30~13:00

参加のすすめ

持続可能な開発目標SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」の視点から、自動車リサイクルの新たな価値創出と要求技術性能の変化について考える。SDGsが先導する持続可能社会への転換を想定して、ニューノーマル社会における次世代自動車とリサイクルをつなげる連携モデルに焦点を当てる。たとえばアパレル古衣料から自動車防音材への再利用であるIndustry to carリサイクル、従来断絶されていた異業種間のネットワークの確立、製造者と消費者が連携するリサイクルビジネスの台頭、それを促すシステムインテグレーターSIerの役割など、専門家による話題提供とパネルディスカッションを通して議論する。

プログラム
開始時間 終了時間 役割 演題 氏名 勤務先
9:30 9:40 司会   高野 雅幸 氏 トヨタ自動車株式会社
    挨拶   中田 俊彦 氏 東北大学 / リサイクル技術部門委員会委員長
9:40 10:10 講演者 廃自動車触媒や廃リチウムイオン電池からのレアメタルの分離回収(仮題) 吉塚 和治 氏 北九州市立大学
10:10 10:40 講演者 JX金属のLiBリサイクルプロジェクトについて(仮題) 佐藤 利秋 氏 JX金属株式会社
10:40 11:10 講演者 植物繊維複合材料の自動車内装部品への適用 羽柴 正典 氏 トヨタ紡織株式会社
11:10 11:40 【休憩】      
11:40 12:40 パネルディスカッション SDGsつくる責任 つかう責任から考える 自動車リサイクルの価値創出    
    モデレータ   田中 精一 氏 コベルコ建機株式会社
    パネリスト   吉塚 和治 氏 北九州市立大学
    パネリスト   佐藤 利秋 氏 JX金属株式会社
    パネリスト   羽柴 正典 氏 トヨタ紡織株式会社
12:40 12:45 挨拶 閉会 中田 俊彦 氏 東北大学 / リサイクル技術部門委員会委員長

ページトップへ