【22FORUM-11】 カーボンニュートラル時代のMBDの進化

企画委員会

CFD技術部門委員会

テーマ

カーボンニュートラル時代のMBDの進化

開催日

2022年7月13日(水) 9:30~13:30

参加のすすめ

複雑化する自動車開発に対応すべくモデルベース開発(MBD)は実用が進み、その適用範囲を広げる段階にある。
MBDは車両を構成する多数の要素それぞれをモデル化する必要がある。このMBDでは一般に時間の制約からリダクションモデルの適用事例が多い。ここでそのモデルをいかに精度よく構築するかはシミュレーションの成否に係わる重要な技術である。そのため要素のふるまいを精度よく、かつ、効率よく求めるためには3DによるCFD解析や計測よりの大規模なデータ・多変数の複雑情報をいかに「リダクション(情報縮約化)」するかが問題となる。これにより作成されるモデルをリダクションモデルと呼び、その構築にはAI・機械学習など様々な計算手法が提案され進化が加速している。そこで、今回CFDが関わる課題に機械学習等を適用したリダクションモデルによる事例を紹介することで、MBDの進化を感じてもらい、自動車開発のより一層の高度化に貢献することが狙いである。

プログラム
開始時間 終了時間 役割 演題 氏名 勤務先
司会 大島 伸行 氏 北海道大学大学院工学研究院
9:30 9:35 挨拶 開会挨拶 田坂 知寛 氏 株式会社エクセディ
9:35 10:20 講演者 基調講演:データから読み解く輸送機器まわりの乱流 平 邦彦 氏 University of California, Los Angeles
10:20 10:50 講演者 3D-CFDバッテリセルモデルから自動構築した1D-ネットワークモデルの活用事例 齊藤 操希 氏 エイヴィエルジャパン株式会社
10:50 11:20 講演者 3次元CAEリダクション技術の進化と適応 鈴木 英次郎 氏 アンシス・ジャパン株式会社
11:20 11:25 【休憩】      
11:25 11:55 講演者 機械学習を活用したデフロスタ晴れ性能の逆解析技術の開発 田中 博 氏 株式会社トヨタシステムズ
11:55 12:25 講演者 自動車空力のリアルタイム予測に向けた機械学習モデルの開発 赤坂 啓 氏 日産自動車株式会社
12:25 12:55 講演者 MBDを加速する、複数精度モデルとPODを用いた最適化CFDの効率化 高村 宏行 氏 三菱自動車工業株式会社
12:55 13:00 挨拶 閉会挨拶 福田 紘大 氏 東海大学/CFD技術部門委員会委員長

ページトップへ