自動運転時代の人とくるまと社会のアーキテクチャ

企画委員会

自動運転に係わる総合信頼性の継続的確保に向けた標準化検討委員会

テーマ

自動運転時代の人とくるまと社会のアーキテクチャ

開催日

2020年7月30日(木)14:00~17:00

参加のすすめ

自動運転の技術開発が進んでいる中で、信頼性評価の為の方法論の開発、標準化が進んでいる。
また、社会が自動運転を受け入れるための、法令や制度の整備も進んでおり、我国においても、昨年、道路運送車両法と道路交通法が改訂された。
自動運転の総合的な信頼性の確保のみならず、自動運転により発展する社会を目指す為には、社会全体を一つのシステムと捉え思考していく事が重要である。
本フォーラムでは、国内外での当該分野に関わる最新動向を概観するとともに、社会アーキテクチャを論ずる。

While the technology development of automatic driving is progressing, the development and standardization of the methodology for reliability evaluation are progressing.
In addition, legislation and systems are being developed to allow society to accept autonomous driving. In Japan, the Road Transport Vehicle Law and the Road Traffic Law were revised last year.
It is important not only to secure the overall reliability of autonomous driving but also to aim for a society that develops through autonomous driving, thinking and thinking of the entire society as one system.
This forum will give an overview of the latest trends in this field in Japan and overseas, and discuss social architecture.

プログラム
開始時間 終了時間 役割 演題 氏名 勤務先
14:00 14:05 挨拶   白坂 成功 慶應義塾大学大学院 / 自動運転に係わる総合信頼性の継続的確保に向けた標準化検討委員会委員長
    司会   小阪 暢之 株式会社チェンジビジョン
14:05 14:35 講演者 新型コロナを契機として強化する経済産業省の取組(仮) 和泉 憲明 経済産業省
14:35 14:45 休憩      
14:45 15:15 講演者 本委員会の紹介と活動報告 菅沼 賢治 株式会社デンソー
15:15 15:45 講演者 デジタル時代の社会・産業構造をデザインする新たなアプローチ 白坂 成功 慶應義塾大学大学院 / 自動運転に係わる総合信頼性の継続的確保に向けた標準化検討委員会委員長
15:45 15:55 休憩      
15:55 16:25 講演者 自律システムの犯すミスを私たちの社会は許せるのか? 稲谷 龍彦 京都大学
16:25 16:55 講演者 自動運転システムの総合信頼性と社会アーキテクチャ構築に向けて 松原 豊 名古屋大学大学院 / 自動運転に係わる総合信頼性の継続的確保に向けた標準化検討委員会副委員長
16:55 17:00 挨拶   白坂 成功 慶應義塾大学大学院 / 自動運転に係わる総合信頼性の継続的確保に向けた標準化検討委員会委員長

ページトップへ