Cars that think and communicate I
高度自動運転へ 互いにわかりあえるクルマを目指して I

企画委員会

エレクトロニクス部門委員会、ITS部門委員会、マルチメディア部門委員会、自動運転委員会

テーマ

Cars that think and communicate I
高度自動運転へ 互いにわかりあえるクルマを目指して I

Cars that think and communicate I
Beyond autonomous driving I

開催日

2020年7月31日(金)10:00~11:50

参加のすすめ

自動車における自律・自動運転技術は、実用化に向けた開発が積極的に行われ、市販化の取り組みも既に始まっている.このような自動車技術の革新は,自律・自動運転(走行)に関わる技術だけでなく、人と車に関わる車載機器や車が周囲と通信することにより実現される新たなサービスなど,自動車技術のあり方が大きく影響を受け始めている.本フォーラムでは、例年に引続き、エレクトロニクス、ITS、マルチメディア3部門委員会+自動運転委員会の合同で、安全で信頼できる自律・自動運転の実現に必要な、車が自ら考え、運転者や周囲と協調する技術について議論し、近未来技術やその可能性を紹介し,将来の方向性について考える。
特にIではシステムやその可能性について議論する。

Autonomous driving technologies are being developed and the effort to the market introduction is already started. Such technology innovations induce huge change to the automotive industries not only about autonomous driving technologies but also new services which are realized by vehcile-to-X (such as vehicles, infrastructure, portable devices and human) communication. From the past years the Electronics, ITS, MultiMedia and Autonomous Driving committees continues this forum for the discussion of current overview, feasibility and outlook of new technologies which realize the cars that think and communicate for the safe and reliable autonomous driving.
In the morning session, the system and its availability will be discussed.

プログラム
開始時間 終了時間 役割 演題 氏名 勤務先
    司会   加藤 晋 産業技術総合研究所
10:00 10:10 挨拶 Cars that think and communicateの開催にあたって 久保田 直行 東京都立大学大学院
10:10 10:40 講演者 SIP自動運転(システムとサービスの拡張)
~東京臨海部実証実験そしてNext stepへ~
葛巻 清吾 トヨタ自動車株式会社 / 内閣府
10:40 10:45 休憩      
10:45 11:15 講演者 マツダの目指す自動車の未来像
―全ての人に「走る歓び」を永遠に提供し続けるクルマ作りと目指す社会―
栃岡 孝宏 マツダ株式会社
11:15 11:20 休憩      
11:20 11:50 講演者 自動運転技術の今日と明日:交通事故ゼロ社会の実現に向けて 杉本 洋一 株式会社本田技術研究所

ページトップへ