フォーラムプログラム【無料・参加登録不要】

*各フォーラム名をクリックすると、プログラムの詳細をご覧いただけます。掲載内容は、一部変更となる可能性がございます。

*GIAフォーラム:GIAとはGovernment Industry Academiaの略称です。

●フォーラムテキストを会場で特別価格にて販売いたします。テキスト価格は各プログラム詳細ページに記載ございます。

*プログラム内容は2019年5月7日(火)時点の内容を反映しております。講師・会場の都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

会場 室名 5月22日(水)
AM PM
会議センター メインホール - 【Y2】2030年の乗用車用パワートレインの姿
(ガソリン機関部門委員会)
アネックスホール F203 - 【Y3】モデル流通を革新する!FMIで繋がる連携シミュレーションの世界
(自動車制御とモデル部門委員会)
F204 - GIAフォーラム【Y4】100年に一度の大変革期!(次世代自動車動力システム&2050年の自動車社会検討特設委員会)
F205・F206 【Y-1】
「高度自動運転システムの安全性評価研究の最新動向」(規格会議自動運転標準化検討会 / 日本自動車工業会 自動運転検討会)
【Y5】車体の最新技術
(構造形成技術部門委員会)
<ホワイトボディ4台展示>
会場 室名 5月23日(木)
AM PM
会議センター メインホール 【Y6】 SIP第1期「自動走行システム」の研究開発成果(運営企画会議・内閣府) 【Y11】モータースポーツフォーラム
(学術講演会運営委員会)
315 - 【Y12】EVへの給電システムの最新動向(ワイヤレス給電システム技術部門委員会)
アネックスホール F203 【Y7】エンジンのモデルベース開発を加速する国産燃焼ソフトウェアHINOCA
(CFD技術部門委員会)
GIAフォーラム【Y13】映像情報活用の最前線と今後の展開
(映像情報活用部門委員会)
F204 【Y8】日中韓自動車フォーラム2019<同通ブース設置> 【Y14】Automotive Innovation
(国際委員会&英国大使館)
<同通ブース設置>
F205・F206 【Y9】自動車の大変革に貢献する材料技術の最新動向 I
鉄鋼
(材料部門委員会)
【Y10】自動車の大変革に貢献する材料技術の最新動向 II
軽金属・化成品
(材料部門委員会)
会場 室名 5月24日(金)
AM PM
アネックスホール F203・F204 【Y15】人とバイクの新しいカタチ
(二輪車の運動特性部門委員会)
GIAフォーラム【Y16】自動運転・コネクティビティ時代のモビリティデザイン
(デザイン部門委員会)
F205・F206 GIAフォーラム【Y17】Cars that think and communicate
-高度自動運転へ互いにわかりあえるクルマを目指して I -
(エレクトロニクス部門委員会 / マルチメディア部門委員会 / ITS部門委員会 / 自動運転委員会)
【Y18】Cars that think and communicate
-高度自動運転へ互いにわかりあえるクルマを目指して II -
(エレクトロニクス部門委員会 / マルチメディア部門委員会 / ITS部門委員会 / 自動運転委員会)