テキスト大会特別価格:3,000円(税込)

GIAフォーラム
【Y-16】自動運転・コネクティビティ時代のモビリティデザイン

企画委員会

デザイン部門委員会

テーマ

自動運転・コネクティビティ時代のモビリティデザイン
Mobility design in the era of automatic driving / connectivity

開催日

2019年5月24日(金)13:30~17:00

会場名

アネックスホール F203・F204

参加のすすめ

安全・安心、環境型社会、少子高齢化など、私たちが抱えている様々な社会的課題の解決に向けて、将来を見据えた自動車技術開発の方向性、並びに自動車技術を通した持続可能なモビリティ社会の創造・提言が求められている。
そのような中、現在脚光を浴びている、自動運転・コネクティビティなどの技術進化は、モビリティのスタイリングだけでなく、交通インフラをはじめとする社会環境・ライフスタイル、さらにはモビリティの存在価値自体にまで大きく影響し、課題解決への端緒になるものと考える。
また新しい共創環境の構築に向けて、社会科学、人文系をはじめとする新たな学術分野との連携をはじめ、産官学連携プロジェクトの強化が必要と考え、本フォーラムでは、様々な分野・視点からの知見を基に、これからの社会に提供すべきモビリティの有り方とそのデザインについて考察する。

プログラム
開始時間 終了時間 役割 演題 氏名 勤務先
13:30 13:35 司会 フォーラム開始、スケジュール説明 刈込 日出男
服部 守悦
日野自動車 / 静岡文化芸術大学 / デザイン部門委員会 幹事
13:35 13:40 挨拶 開会の挨拶 田中 昭彦 ヤマハ発動機 / デザイン部門委員会 委員長
13:40 14:00 講演者 基調講演:
自動車産業を巡る状況と対応の方向性
河野 太志 経済産業省
14:00 14:20 講演者 (仮)自動運転の現状と展望について 須田 義大 東京大学
14:20 14:40 講演者 TOYOTA CONCEPT 愛 i クルマが真の「パートナー」になる 岡本 諭 トヨタ自動車
14:40 15:00 講演者 人工物としての車,自動運転:高齢ユーザの視点から 原田 悦子 筑波大学
15:00 15:20 講演者 (仮)モビリティを取巻く環境変化について 清水 和夫 テクノメディア
15:20 15:30   休憩    
15:30 16:50 パネリスト パネルディスカッション
「自動運転・コネクティビティ時代のモビリティデザイン」
須田 義大
岡本 諭
原田 悦子
清水 和夫
 
16:50 16:55 挨拶 閉会の挨拶 田中 昭彦 ヤマハ発動機 / デザイン部門委員会 委員長
16:55 17:00 司会 終了 刈込 日出男
服部 守悦
日野自動車 / 静岡文化芸術大学 / デザイン部門委員会 幹事