テキスト大会特別価格:3,000円(税込)

GIAフォーラム
【Y-4】100年に一度の大変革期!持続可能な社会に向けて、自動車はどう変わる?

企画委員会

次世代自動車用動力システム特設委員会
2050年の自動車社会検討特設委員会

テーマ

100年に一度の大変革期!持続可能な社会に向けて、自動車はどう変わる?
A Great Revolution term which will occur once in 100 years! How the Automotive Industry will change toward the Sustainable Society?

開催日

2019年5月22日(水)14:00~17:35

会場名

アネックスホール F204

参加のすすめ

 自動車技術に関しては、 欧州、北米、中国を中心に CASE、MaaS等に関連した様々なモビリティビジネスの覇権を狙った自動車技術革新の動向が明確となっており、100年に一度と言われる自動車技術の大変革次期を迎えている。
次世代自動車動力システム特設委員会と2050年の自動車社会検討特設委員会が合同で企画する本フォーラムでは、持続可能な社会に向けて自動車が今後どのように変化して行くのか、それに対して日本の自動車産業は何を考えなくてはいけないのかについて、エネルギー、ITS、都市と物流を含むモビリティ、次世代自動車用動力システムの各領域の専門家が論議をしてきた内容を報告し、将来のモビリティがどうあるべきか参加者と課題を共有したい。
合わせて、パリ協定後の各国約束草案の温室効果ガス削減目標の総和でも、2030年の温室効果ガスのピークアウトが達成不可能なことが明らかとなり、脱炭素化の動き、やESG投資への関心の高まり等自動車を取り巻く環境が、大きく変化している。持続可能な社会に自動車がどのように組み込まれるべきか、自動車の変革期にあたり総合的視点から考えてみたい。

プログラム
開始時間 終了時間 役割 演題 氏名 勤務先
14:00   司会 開会の辞 河原 伸幸 岡山大学大学院 / 次世代自動車用動力システム特設委員会 幹事
14:00 14:05 挨拶 開催趣旨 前田 義男 本田技術研究所 / 2050年の自動車社会検討特設委員会 委員長
14:05 14:45 講演者 基調講演(1)
「自動車が先導する超スマート社会
山地 憲治 地球環境産業技術研究機構
14:45 15:15 講演者 基調講演(2)
「自動車新時代戦略会議と日本のxEV戦略について」
堀川 泰宏 経済産業省
15:15 15:20   【休憩】ステージレイアウト変更    
15:20 15:40 講演者 パネリスト講演(1) Co2の削減を目指して~自動車用エネルギー視点~ 岩井 信夫 元NEDO / JARI/2050年の自動車社会検討特設委員会 幹事
15:40 16:00 講演者 パネリスト講演(2) 都市と地方・自動化とMaaS~2050年の物流と公共交通~ 小川   博 日野自動車 / 次世代自動車用動力システム特設委員会 幹事
16:00 16:20 講演者 パネリスト講演(3) 動力システム 塩路 昌宏 京都大学
次世代自動車用動力システム特設委員会 委員長
16:20 16:40 講演者 パネリスト講演(4)  100年に一度の大変革期 持続可能な社会に向けて自動車はどう変わる? 吉松 昭夫 トヨタ自動車
16:40 16:45 モデレータ パネルディスカッション趣旨説明 前田 義男 本田技術研究所
16:45 17:30 パネルディスカッション   山地 憲治 地球環境産業技術研究機構
塩路 昌宏 京都大学大学院 / 次世代自動車用動力システム特設委員会 委員長
岩井 信夫 元NEDO / JARI / 2050年の自動車社会検討特設委員会 幹事
小川 博 日野自動車
吉松 昭夫 トヨタ自動車
17:30 17:35 挨拶 閉会挨拶 塩路 昌宏 京都大学 / 次世代自動車用動力システム特設委員会 委員長
    司会 閉会の辞 河原 伸幸 岡山大学 / 次世代自動車用動力システム特設委員会 幹事