自動車技術会

  1. TOP
  2. プレスリリース
  3. 学生フォーミュラ日本大会2019 開催報告

プレスリリース

2019年9月4日 | PR-19010

学生フォーミュラ日本大会2019 開催報告

学生フォーミュラ日本大会2019 集合写真

公益社団法人 自動車技術会(会長 坂本 秀行)は、2019年8月27日(火)~31日(土)の5日間にわたり、「学生フォーミュラ日本大会2019」を静岡県袋井市/掛川市のエコパ(小笠山総合運動公園)で開催しました。


本年は120チームがエントリーし、98チームを上限とし参加受付を行い、最終的に89チームが本大会に参加しました。


【参加チーム内訳】

国内ICV(ガソリン自動車)クラス:58チーム

海外ICV(ガソリン自動車)クラス:11チーム

国内EV(電気自動車) クラス:10チーム

海外EV(電気自動車) クラス:10チーム


リザルト

名古屋工業大学が総合優勝しました。

カテゴリー別では、ICVクラスの1位が名古屋工業大学、EVクラスの1位が名古屋大学という結果でした。

名古屋工業大学は、2015年・2016年・2017年と3年連続3位入賞の経験があり、今年は総合優勝を目標に、見事初優勝を成し遂げました。大幅な軽量化の結果、車重は今年の最軽量賞である170kgに肉薄する180kgを達成し、学生フォーミュラの経験が豊富なドライバーと相乗効果を発揮し動的イベントで強さを発揮しました。

EVクラス1位となった名古屋大学は、2年連続の総合3位となり、目標とした総合優勝に届きませんでしたが、EVクラスでは3連覇となっています。車両性能向上を目指し、試行錯誤した結果、国内チーム初の「インホイールモーター搭載」で、4輪駆動を実現し来年以降に期待が持てる結果となりました。



各賞など詳細リザルトは、以下をご確認下さい。
https://formula.jsae.or.jp/


来場者数

本年の来場者数は、16,332名でした。

開催日 来場者数(延べ人数)
8月27日(火) 2,567名
8月28日(水) 2,702名
8月29日(木) 3,384名
8月30日(金) 3,679名
8月31日(土) 4,000名
16,332名

企業PRコーナー

82社のスポンサーが、企業PRコーナーを設けて国内また海外の学生で賑わっていました。

学生フォーミュラ日本大会 ドキュメンタリー番組放送のお知らせ

日 時:2019年10月27日(日)14:00~14:55

放送局:BSフジ(BSデジタル放送8ch)

【ICV(ガソリン自動車)クラス、EV(電気自動車)クラス優勝マシン 紹介】

ICV(ガソリン自動車)クラス:名古屋工業大学

名古屋工業大学

EV(電気自動車)クラス:名古屋大学

名古屋大学