自動車技術会

  1. TOP
  2. プレスリリース
  3. 学生フォーミュラ日本大会2021 開催報告

プレスリリース

2021年9月6日 | PR-21011

学生フォーミュラ日本大会2021 開催報告

メインビジュアル

公益社団法人 自動車技術会(会長 寺師 茂樹)は、2021年8月24日(火)~9月2日(木)にわたり、「学生フォーミュラ日本大会2021」をオンラインで開催しました。

なお「学生フォーミュラ日本大会2021」は、新型コロナウィルス感染症拡大の影響により静的審査までで完結とし静岡県エコパにて開催を予定していた車検/動的審査他の全てのイベントを中止しました。


【参加チーム内訳】

●Cost & Manufacturing Event

 ICV(ガソリン自動車)クラス:44チーム

 EV(電気自動車) クラス:10チーム

●Design Event

 ICV(ガソリン自動車)クラス:45チーム

 EV(電気自動車) クラス:10チーム

●Presentation Event

 ICV(ガソリン自動車)クラス:46チーム

 EV(電気自動車) クラス:10チーム


リザルト

神戸大学が初の総合優勝となりました。

Cost & Manufacturing Eventでは、大阪大学が前回(2019年大会)に引き続き、1位という結果でした。

Design Eventでは、名古屋工業大学と京都大学がデザインファイナル(最終審査)に進み、名古屋工業大学が1位という結果でした。

(名古屋工業大学は前回(2019年大会)は同審査18位)

Presentation Eventでは、岐阜大学が1位という結果でした。

(岐阜大学は前回(2019年大会)は同審査25位)

成績結果としては、上位勢を中部関西勢が占める結果となりました。

各賞など詳細リザルトは、以下をご確認下さい。
https://www.jsae.or.jp/formula/jp/


審査風景

    Cost & Manufacturing Event

    Design Event

    Presentation Event

学生フォーミュラのリアルを伝えるYouTubeを配信中!コロナに負けない学生チームを応援しています。

2021年シーズンの学生フォーミュラ日本大会では、大会の価値と意義をPRしていくために番組サポーターも募り、YouTubeで『大会密着番組』を配信しています。

コロナ禍の影響で日々活動が厳しくなるチームを応援するため、番組サポーターとなっている企業・大学からの 応援メッセージやOBOGインタビューなどのPRコンテンツを配信し、学生たちのモチベーションを後押しいただいております。

中でも、日本人最年少F1ドライバーとして活躍する角田裕毅選手から、同じく「クルマ」に関わる同世代の学生チームにとっても、 深く共感でき、勇気づけられるメッセージをいただきました。

学生フォーミュラのリアルを伝えるYouTubeを配信中!コロナに負けない学生チームを応援しています。

オンライン開催のみとなった今年の大会でしたが、シーズン終了後の10月から、車検/動的審査代替イベントを予定しております。この「ポストシーズン」の様子をYouTubeで配信するために、自動車技術会で初のクラウドファンディングを実施します。

クラウドファンディングは、プロジェクトの資金援助という意味だけでなく、ご支援をキッカケに、学生フォーミュラの認知度の向上、未来の大会継続に繋げていくために、クラウドファンディングに挑戦することを目指しています。

CAMPFIRE(クラウドファンディング)ページ >>