自動車技術会

  1. TOP
  2. プレスリリース
  3. 学生フォーミュラ日本大会 2021 公式記録会 開催報告

プレスリリース

2021年11月2日 | PR-21017

学生フォーミュラ日本大会 2021 公式記録会 開催報告

学生フォーミュラ日本大会2021 トップ

公益社団法人自動車技術会(会長 寺師 茂樹)は、2021年10月24日(日)、10月30日(土)、10月31日(日)に、「学生フォーミュラ日本大会 2021 公式記録会」を静岡県袋井市/掛川市のエコパ(小笠山総合運動公園)で開催しました。

【参加チーム内訳】

10月24日(日):12チーム

10月30日(土):14チーム

10月31日(日):12チーム


公式記録会について

本年度の学生フォーミュラ日本大会は静的審査までで完結し、2021年9月7日~11日に静岡県袋井市/掛川市のエコパ(小笠山総合運動公園)にて開催を予定していた車検/動的審査他の全てのイベントを中止としました。しかしながら、本会は学生フォーミュラ日本大会を重要な人材育成施策と位置付けており、学生に実践的な学習機会を提供し、継続的なチーム活動を支援するため、公式記録会を計画・実施しました。

公式記録会では、計測を伴う動的審査(アクセラレーション、スキッドパッド、オートクロス、エンデュランス(燃費/電費))を実施し、一部審査は本大会よりも短縮して、どの審査もチーム判断での任意参加としました。走行前には、車両安全確認(技術車検とは異なる簡易なもの)を実施し安全面を担保して実施しました。

新型コロナウイルス感染症の対策をした上での開催となりましたが、2019年大会以来の静岡県袋井市/掛川市のエコパ(小笠山総合運動公園)でのイベントとなり、学生も真剣にまた嬉しそうに取り組んでいました。

初の走行機会となったチームも多かったようで、思うようなタイムを出せないチームもありましたが、学生は記録にこだわって取り組んでいました。特に雨天だった31日は、路面コンディションを入念にチェックしていました。メンバー構成は、2022年度体制にしているチーム、2021年度の集大成としているチームと様々でした。

運営側にとっても公式記録会は、実地開催に向けて確実な1歩になりました。引き続き2022年の実地開催に向けて準備を進めて参ります。

公式記録会の計測結果は、以下をご確認下さい。
公式通知No.18 - 公式記録会の計測値の掲示

10月24日(日)

  • 名城大学
  • 北海道大学

10月30日(土)

  • 大阪大学
  • 山陽小野田市立山口東京理科大学

10月31日(日)

  • 神戸大学
  • 京都大学

学生フォーミュラのリアルを伝えるYouTubeを配信中!

2021年シーズンの学生フォーミュラ日本大会でのチーム活動の紹介や静的審査上位校インタビューなどを配信しています。

公式記録会の様子も配信予定です。