第30回内燃機関シンポジウム 内燃機関の持続的発展へ -飽くなき挑戦-

 内燃機関の永遠の課題である高効率化・低エミッション化を追求する技術開発に加え、電動化との連携、持続性のある燃料開発など、内燃機関に関連する新たな技術課題に取り組むことが求められています。
「内燃機関シンポジウム」では、これらの課題に挑戦し続ける内燃機関とその関連技術について、企業・大学・研究所に所属する研究者・技術者・学生が最新の成果を発表し意見交換を行う場を提供するとともに、この発表と意見交換を通して次世代を担う若手技術者を育成します。
「内燃機関シンポジウム」は国内で毎年、定期的に開催される内燃機関に関する国内最高峰の講演会です。1979年から開催されており、2019年度は第30回の節目となります。
内燃機関の研究開発に取り組む研究者・技術者・学生、あるいは若手・中堅・ベテランが一堂に会する交流・ネットワーキングの場を提供します。質の高い研究発表を聴講することができ、十分な質疑応答ができる講演時間が確保されています。
奮ってご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

第30回内燃機関シンポジウム
実行委員会委員長 西田 惠哉

会期
2019年12月10日(火)~12日(木)
会場
広島国際会議場(広島市中区中島町1-5 平和記念公園内)
JR広島駅から路線バスで約20分、市内電車で約25分
広島空港からリムジンバスで約70分
地図
(c) 2019 Google, Map Data
共催
公益社団法人自動車技術会(幹事学会)、一般社団法人日本機械学会
協賛
一般社団法人可視化情報学会、公益社団法人石油学会、日本液体微粒化学会、一般社団法人日本エネルギー学会、
一般社団法人日本ガス協会、公益社団法人日本ガスタービン学会、一般社団法人日本トライボロジー学会、
日本内燃機関連合会、一般社団法人日本燃焼学会、公益社団法人日本マリンエンジニアリング学会、
一般社団法人日本陸用内燃機関協会、公益社団法人計測自動制御学会

下記の一般講演の他、基調講演、フォーラムを計画しています。
内容固まり次第、本ページで情報更新していきます。

● 講演申込みについて ●

申込み方法

お申込みはコチラ ≫

募集要旨
  • (1)会員資格に問わずどなたでも講演できます。
  • (2)講演発表の採否は、シンポジウム実行委員会に一任願います。
  • (3)原則、講演時間15分、討論10分です。
  • (4)講演論文集は、1編6ページ以内(A4版)
  • (5)自動車技術会会員ならびに日本機械学会会員は、所属学会論文集に投稿できます。
募集分野
エンジン燃焼:火花点火燃焼、圧縮着火燃焼、燃料噴霧、混合気形成、予混合圧縮自着火、着火・燃焼、ノッキング
排気・環境:燃焼生成物、後処理、触媒、廃熱回収、環境影響評価
燃料:バイオ燃料、合成燃料、水素、燃料添加物
潤滑・トライポロジー:潤滑油、摩擦・摩耗、低摩擦化
振動・騒音:低振動化、低騒音化
新機構・システム:可変動弁、可変圧縮比、ガスエンジン、ロータリーエンジン、ガスタービン、ハイブリッド技術
要素技術:燃料噴射、過給、吸排気系、冷却・伝熱
計測・制御:レーザ・光学計測、診断法、数値計算・シミュレーション、システム制御、最適化
その他:内燃機関に関する技術一般
講演申込締切日
2019年6月30日(日)
講演採択通知
2019年7月中旬 予定
原稿提出締切日
2019年9月30日(月) 予定
使用言語
日本語または英語

● 講演規程・講演要領 ●

● 講演論文原稿執筆要領・講演原稿テンプレート ●

※原稿作成の際は、必ずテンプレートをご使用ください。
 講演番号はセッションスケジュールをご確認ください。

(ただいま準備中)

● 参加登録について ● 

(ただいま準備中)

▶ お支払方法:クレジット決済・コンビニ払い・インターネットバンキング(ペイジー支払い)・銀行振込みのいづれか

参加登録費(講演論文CD-ROM、要旨集を含む)

消費税及び地方消費税の税率が8%から10%へ引き上げとなるため適用措置を確認しております。
今しばらくお待ちくださいませ。

●懇親会について●

内燃機関シンポジウム講演会での質疑応答以上に内容の濃い技術者同志の交流を深める絶好の機会となりますので奮ってご参加ください。
参加希望の方はオンライン参加登録よりお申込みいただけます。

  • ▶ 開催日:12月11日(水)17:50~予定
  • ▶ 場所:広島国際会議場 地下2階 中会議室 コスモス

● 広告・展示募集のご案内 ●

本シンポジウムの参加者に配布されるプログラム要旨集への広告掲載と会場での機器・カタログ展示の募集についてご案内申し上げます。是非、広告掲載、機器展示出展のご利用ご検討くださいますようお願いいたします。

(ただいま準備中)

● 問合せ先 ●

公益社団法人自動車技術会 技術・育成交流グループ 福田 E-mail: ice@jsae.or.jp

ページトップへ