Japan Automotive AI Challenge 自動運転AIチャレンジ

開催概要

大会コンセプト

 CASEと呼ばれる新たな技術領域が自動車業界の競争の中心となる中、AIやITの技術者が不足しており、自動車業界全体で急速に必要性が高まっています。

 今後の自動車業界を牽引する技術者の発掘育成の為の新たな取り組みとして、自動運転におけるAI技術を競う国際的な競技を開催します。

 産官学が協力して行うこの競技を起点に、自動車産業のさらなる発展に寄与する枠組みの構築を目指します。

開催日

  • オンラインシミュレーション競技 2021年11月2日〜12月17日
    モビリティ技術の基礎講習や自動運転ソフトウェア、シミュレータのチュートリアル(講習会)を事前に実施致します。

参加方法

エントリーはコンペティションページより可能です。

運営体制

  • 主催:公益社団法人自動車技術会
    自動運転チャレンジ検討WG・自動運転AIチャレンジSWG
  • 後援:経済産業省、東京⼤学⽣産技術研究所、東京大学モビリティ・イノベーション連携研究機構(UTmobI)、⽇本⾃動⾞⼯業会
  • 競技スポンサー:本競技の趣旨にご賛同いただき、物品や運営資金のスポンサーとしてご支援下さる企業・団体様を募集致しております。詳細は問い合わせ先までご連絡下さい。

自動運転チャレンジ検討WG・自動運転AIチャレンジSWG メンバー

委員長 葛巻 清吾 トヨタ自動車株式会社
リーダー 加藤 真平 東京大学/株式会社ティアフォー
  松下 光旗 Woven Planet Holdings Inc.
東 雄一 公益社団法人自動車技術会
有吉 斗紀知 株式会社本田技術研究所
糸賀 拓馬 株式会社SIGNATE
大前 学 慶應義塾大学大学院
小木津 武樹 群馬大学
齊藤 秀 株式会社SIGNATE
菅沼 直樹 金沢大学
竹内 栄二朗 名古屋大学大学院
遠山 淳 トヨタ自動車株式会社
浜野 紘一 株式会社SIGNATE
福永 茂和 経済産業省
松岡 誠 本田技研工業株式会社
松尾 豊 東京大学大学院
柳井 達美 日産自動車株式会社
山本 誠一朗 経済産業省

PAGE TOP