会誌「自動車技術」2020年1月号

特集「共生社会 -東京2020レガシー-」
Inclusive Society -Tokyo 2020 legacy-

近年、国際オリンピック・パラリンピック委員会が最も力を入れているテーマの一つにレガシーがあります。2020年の東京大会では特にパラリンピックの開催を契機として共生社会(インクルーシブ・ソサエティ)の実現を目指すと明言されており、超高齢社会を迎える日本においては大変重要な課題となっています。モビリティは、この大変貌が予測される共生社会の実現にどのように貢献し得るのか?オールジャパンで考えていくベき大きなテーマであります。サエティとモビリティの観点から東京2020レガシーを展望します。 目次を見る»

  • ■ 総括・展望(4編)
  • ■ モビリティの役割(5編)
  • ■ 必要技術(3編)
  • ■ 実証事例(3編)

各記事の概要は下記よりご覧いただけます

連載記事

  • 技術の窓:炭素繊維強化プラスチック(CFRP)技術の展望 石川隆司氏(名古屋大学)
  • 超の世界:ナノレベルで生きた細胞を直接観察 ─骨形成の初期過程を解明(産業技術総合研究所)
  • スポットライト:ファイバレーザ溶接システムLW-S1500の開発(日本アビオニクス)
  • 匠の技:エンジン組立の匠を育てる匠 根岸好行氏(UDトラックス)
  • ちょっとブレイク! ランチタイム:社員の健康を第一に! 健康サポート食堂(ヤマハ発動機)

[新連載] 今だからこそモデルベース開発入門(全12回連載)
第1話 モデルの解釈はさまざま?

ご購入はこちら»

ページトップへ