会誌「自動車技術」2019年3月号

特集「安全のための人と機械の役割」
-Sharing of Human and Machines for Safety-

交通移動体の重要な役割の一つは安全で安心な移動を確保することです。
そのためには、人ができることとできなことを明確にした上で、人と機械との役割や協調について考えることが重要です。本号では自動車の分野に加えて航空、鉄道、船舶の分野にも着目し、安全な移動手段をデザインするために必要な人や機械に関するそれぞれの役割や、技術的な取り組み、協調の考え方について幅広く紹介します。 目次を見る»

  • ■ 総括・展望(3編)
  • ■ 自動車における人と機械の役割および法整備(5編)
  • ■ 航空における人と機械の役割(2編)
  • ■ 鉄道における人と機械の役割(3編)
  • ■ 船舶における人と機械の役割および法整備(3編)

各記事の概要は下記よりご覧いただけます

連載記事

  • 技術の窓:危機を好機に,次の100年に向けて 寺前英樹氏(ダイハツ工業)
  • 超の世界:X線ベクトルビームを可能とする新しい放射光の生成手法(広島大学/名古屋大学/自然科学研究機構)
  • スポットライト:バイオマスからイソプレンを生成する世界初の新技術を開発(横浜ゴム/理化学研究所/日本ゼオン)
  • 匠の技:限りない課題の顕在化と革新を実現した「飽くなき探求心」 出頭光好氏(日産自動車)
  • 標準化活動レポート:人間工学部会の標準化活動報告
  • 技術会議活動レポート:デザイン部門委員会見学会「東京大学本郷キャンパス」見学レポート

ご購入はこちら»

ページトップへ