Society of Automotive Engineers of Japan, Inc. 240選TOP JSAE HOME
日本の自動車技術240選
left image
240選トップトラック > ジュピター T10型
 ジュピター T10型
image
 
 
当時6トンクラス以上のいわゆる大型トラックの生産は三菱日本重工など数社が、また、2トン以下の小型4輪トラックは日野、トヨタ等が生産していたが、それらの中間に位置する2.5~4トン車はどのメーカでも生産されていなかったが、この空白の中型トラック分野を埋めた先駆車である。
 ジープのガソリンエンジンを主体に、それをそっくりディーゼル化した高速ディーゼルまで搭載できる本シリーズは、ホイ-ルベースの組合せを含め今日でいうワイドセレクションの先駆けをなすものでもある。
 1958年 2.5tトン積のT10型、3トン積のT11型を試作し、翌年生産・販売した。その後出現したT22型は足回りの強化とエンジンのパワーアップを図った本格的中型トラックである。
dot
保管場所:三菱自動車工業(株)水島自動車製作所総務部 (〒712-8501 岡山県水島市海岸通一丁目1番地 )
dot
製作(製造)年:1959
dot
製作者(社):新三菱重工業株式会社
dot
資料の種類:設計図・文献
dot
現状:保存・公開
dot
車名 / 製作
車名:ジュピター(TD10DAH型)
dot
会社名:新三菱重工(株)
dot
製作年:1959
dot
車種・用途:中型4輪トラック
dot
型式 / 重量
スタイル:ボンネットトラック
dot
ドア数:2
dot
乗員:3
dot
車両総重量:4,400kg
dot
エピソード:中型トラックの先駆車
dot
車体 / 寸法
構造:鋼板
dot
バンパー:あり
dot
全長:5,400mm
dot
全幅:1,900mm
dot
全高:1,960mm
dot
タイヤサイズ:6.5-16-8P
dot
車体 / 車軸 / 操縦 / 付属
フレーム:梯子型
dot
前軸:両持半楕円バネ式
dot
後軸:両持半楕円バネ式
dot
軸距:3,310mm
dot
前トレッド×後トレッド:1,370×1,400
dot
ダンパー:筒型単動式
dot
スタビライザー:なし
dot
機関 / 寸法 / 出力
冷却/気筒配列:水冷/4直
dot
弁機構:OHV
dot
内径×行程:79.4×111.1mm
dot
排気量:2,199cc
dot
最高出力/回転数:61PS/3600rpm
dot
ハイブリッド
ハイブリッドシステム形式:なし
dot
駆動系
変速機:前進4段
dot
駆動方式:FR
dot
性能
モード燃費:-
dot
参考文献:三菱自動車工業(株)社史 日本の自動車技術20年史(自技会) みずしま自動車50年史
dot
その他事項:積載重量:2,500kg;前照灯:丸型、シールドビーム;ワイパー:電動式;走行安定性:なし;原動機:名称 KE31;種類:ディーゼル;比出力:27.7PS/L;最高速度:80km/h;燃費率:12.5km/L;備考:ガソリン車(T11型)もあり;
dot
240選トップトラック > ジュピター T10型 page top
COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.