第11回 全日本 学生フォーミュラ大会
開催結果

  I N D E X

総合成績
表彰
  総合表彰 / 種目別表彰 / 特別表彰
大会参加者数

受賞風景
≪表彰式 受賞風景≫

 ■ 総合成績
総合成績表(PDF)
総合成績
1位 京都大学 2位 大阪大学 3位 同志社大学
4位 名古屋大学 5位 京都工芸繊維大学 6位 横浜国立大学


 ■ 表彰
総合表彰
賞名受賞校 概要 提供
経済産業大臣賞京都大学 静的審査、動的審査のポイントの最も高いチーム(総合優勝) 経済産業省
国土交通大臣賞大阪大学 安全技術、環境技術、新技術の評価ポイントの最も高いチーム(総合優勝) 国土交通省
静岡県知事賞京都大学 静的審査、動的審査(エンデュランス除く)、安全、軽量化の評価ポイントの最も高いチーム 静岡県
日本自動車工業会
会長賞
19チーム 全ての静的審査・動的審査に参加し、完遂・完走しているチーム(完走奨励賞) 日本自動車工業会
種目別表彰
賞名受賞校提供
ICV総合優秀賞 1位 京都大学  2位 大阪大学  3位 同志社大学
4位 名古屋大学 5位 京都工芸繊維大学 6位 横浜国立大学
小野測器
EV総合優秀賞 1位 静岡理工科大学 ダイキン工業/静岡県
コスト賞 1位 同志社大学  2位 大阪大学  3位 慶應義塾大学 デュートロン・ジャパン
デザイン賞 1位 大阪大学  2位 上智大学  3位 茨城大学 オーテックジャパン
プレゼンテーション賞 1位 茨城大学  2位 大阪大学  3位 名城大学 東洋ゴム工業
加速性能賞 1位 東海大学  2位 大阪大学  3位 豊橋技術科学大学 住友ゴム工業
スキッドパッド賞 1位 上智大学  2位 京都大学  3位 名古屋大学 横浜ゴム
オートクロス賞 1位 上智大学  2位 京都大学  3位 茨城大学 ブリヂストン
耐久走行賞 1位 京都大学  2位 大阪大学  3位 京都工芸繊維大学 MOTUL
省エネ賞 1位 新潟工科大学(EV)  2位 静岡理工科大学(EV)  
3位 京都大学
日本ミシュランタイヤ
特別表彰
賞名受賞校概要 提供
ルーキー賞(ICVクラス) Institut Teknologi Sepuluh Nopember 日本大会初参加のICVクラスの中で静的審査、動的審査のポイントの最も高いチーム ジェイアイ傷害火災保険
ルーキー賞(EVクラス) 静岡理工科大学 日本大会初参加のEVクラスの中で静的審査、動的審査のポイントの最も高いチーム ジェイアイ傷害火災保険
CAE特別賞 1位 大阪大学
2位 上智大学
3位 茨城大学
CAE技術を効果的に活用している評価ポイントの最も高いチーム アルテアエンジニアリング
最軽量化賞(ICVクラス) 1位 慶應義塾大学
2位 東京電機大学
3位 京都工芸繊維大学、京都大学、豊橋技術科学大学
全ての審査に参加したICVクラスの中で最も軽量な車両チーム 深井製作所
最軽量化賞(EVクラス) 1位 大同大学 全ての審査に参加したEVクラスの中で最も軽量な車両チーム 深井製作所
ベスト・サス
ペンション賞
1位 上智大学
2位 京都大学
3位 名古屋大学
サスペンション性能評価が高いチーム ゼット・エフ・ジャパン
ジャンプ
アップ賞
1位 立命館大学
2位 トヨタ名古屋自動車大学校
3位 京都大学
全審査参加チームのうち、前回大会比でポイントをアップさせた上位1〜3位のチーム ニコル・レーシング・ジャパン/袋井商工会議所
ICV特別賞 10チーム ICVクラスの中で動的審査のポイントのベスト10チーム キグナス石油
EV オート
クロス賞
1位 静岡理工科大学 EVクラスの中で、オートクロス審査のポイントの最も高いチーム 電気自動車普及協議会
スポーツマンシップ賞 静岡理工科大学
静岡大学
大同大学
スポーツマンシップの評価が高い3チーム タマディック

 ■ 大会参加者数
期間中の延べ人数 : 12,871名 (昨年: 10,222名)
参加登録者数 : 4,738名 (昨年: 3,136名)
期間中の延べ人数内訳 : チーム : 8,148名    スタッフ : 2,086名
 プレス : 64名    ゲスト : 2,573名
前のページに戻る
Copyright © Student Formula Japan All Rights Reserved.