競技概要

大会コンセプト

CASEと呼ばれる新たな技術領域が自動車業界の競争の中心となる中、AIやITの技術者が不足しており、自動車業界全体で急速に必要性が高まっています。 今後の自動車業界を牽引する技術者の発掘育成の為の新たな取り組みとして、自動運転におけるAI技術を競う国際的な競技を開催します。 産官学が協力して行うこの競技を起点に、自動車産業のさらなる発展に寄与する枠組みの構築を目指します。

Japan Automotive AI Challenge 2023(Simulation)目的

極限状態にて自動車の走行性能が問われるモータースポーツは、技術的課題を生み出すことで自動車の性能向上・発展に貢献してきました。 自動運転AIチャレンジ2023(シミュレーション)は、End to End(E2E)シミュレーション環境におけるレースをテーマに、安全かつ高速に走行できる自動運転技術の開発への貢献を目標としています。

レースでの自動運転には、横滑り、空気抵抗、車両の応答特性を考慮した制御技術、他車両の追跡や行動予測など、多様な技術要素が関わっています。本大会は参加者に、これらの要素を取り入れた、戦略的な走行計画と高度な車両制御機能を備えた自動運転ソフトウェア開発に取り組み、知見を共有する機会を提供します。このChallengeを通じて新しい技術を身に着けた技術者たちが、自動車業界の技術革新に寄与することを期待しています。

競技説明 - Racing

概要

参加者の皆様には、Autoware.Universeをベースとした自動運転ソフトウェアを開発し、End to Endシミュレーション空間(AWSIM)を走行するレーシングカーにインテグレートしていただきます。開発した自動運転ソフトウェアで、安全に走行しながらレースに勝利することが目標です。

自動運転技術コンペティションと特別賞

参加者の皆様には、Autoware.Universeをベースとした自動運転ソフトウェアを開発し、End to Endシミュレーション空間(AWSIM)を活用した大会に参加していただきます。開発した自動運転ソフトウェアで、安全に走行しながらレースに勝利することが目標です。

また、本大会のコミュニティの成長を促し、参加者に役立つ知見を共有する目的で、以下の特別賞を設けます。詳しくは開催概要のページをご覧ください。

1.ボランティアでOSSへの貢献をしていただいた方やコミュニティの拡大に貢献していただいた方を表彰するコミュニティ貢献賞

2.積極的な取り組みの発信を奨励するためにプラチナスポンサーの方に投票いただくスポンサー賞

走行コースとライバル

本大会の走行コースはMonzaTrack(https://www.google.com/maps/search/MonzaTrack)になります。全長 約5.8kmで、ロングストレートやヘアピンカーブを含む複雑な形状をしております。このサーキットをテーマとしたコースを、複数台のライバル車とともに走行します。ライバル車はあなたの自動運転車に合わせて加減速やコース変更をするため、戦略的な経路計画が求められます。

使用する車両

本大会ではIndyAunomousChallengeで使用する車両を用いて大会を行っています。