English

Japan Automotive AI Challenge 自動運転AIチャレンジ

開催概要

大会コンセプト

 CASEと呼ばれる新たな技術領域が自動車業界の競争の中心となる中、AIやITの技術者が不足しており、自動車業界全体で急速に必要性が高まっています。
 今後の自動車業界を牽引する技術者の発掘育成の為の新たな取り組みとして、自動運転におけるAI技術を競う国際的な競技を開催します。
 産官学が協力して行うこの競技を起点に、自動車産業のさらなる発展に寄与する枠組みの構築を目指します。

開催日程

本選 オンライン上のシミュレーション競技 2022年12月1日(木)~2023年1月31日 (火)
表彰式 2023年2月末(予定)

競技内容

Autowareを使用し、都内特定地域を実際の交通ルールに則って走行するシミュレーション競技です。

初学者向けの「チャレンジコース」と上級者向けの「アドバンストコース」に分かれております。但し、参加登録時点ではコースを選択致しません。登録後は、両コースに触れていただきご自身のスキルレベルに合わせて最終的にコースを選択する形式となっております。

参加資格・参加費

  • 学生・社会人等制限はありません。参加費は無料です。
  • 参加はチーム単位(最大3名、1人も可)となります。

参加方法

表彰(予定)

運営体制

  • 主催:公益社団法人自動車技術会
  • 後援(予定):経済産業省、東京⼤学⽣産技術研究所、東京大学モビリティ・イノベーション連携研究機構(UTmobI)、一般社団法人日本自動車工業会、一般社団法人日本自動車部品工業会、一般社団法人日本ディープラーニング協会
  • 特別協賛:       
  • 競技スポンサー:本競技の趣旨にご賛同いただき、物品や運営資金のスポンサーとしてご支援下さる企業・団体様を募集致しております。詳細は問い合わせ先までご連絡下さい。

PAGE TOP