function gtag() { dataLayer.push(arguments); }

TOP > バックナンバー > Vol.12 No.5 > 自動運転ロボットを活用したRDE試験運用の可能性追求

Vol.12 No.5

自動運転ロボットを活用したRDE試験運用の可能性追求
島田 敦史
Atsushi SHIMADA
株式会社日立製作所
Hitachi, Ltd.

 奥井(1)は、路上走行(RDE)試験向けの自動運転ロボットの試験運用を検討した。ロボットは積載性と操作精度の両立に課題があったが、両面を改善するためのロボット設計とドライバーモデルの改善を行った。内燃車、電動車の複数車種での適用性を検討し、開発ロボットはドライバインデックスすべてにおいて改善し(図11)、さらに装置の小型化(30kg, 100V電源活用)を実現した。従来のドライバーモデルは車速とアクセル操作はPID制御を活用していたため、車種毎に事前適合が必要であったが、本開発モデルは、PID制御を無くし、汎用性を高めた点(事前調整不要)が評価できる。ロボット活用に伴うリアルワールドの人間操作との乖離については今後議論が必要な点と考える。

×

この記事(あるいはこの企画)のご感想、ご意見をお聞かせください。
個別の返答はいたしかねる環境ですが、編集委員にて情報を共有して今後のコンテンツづくりの参考にさせていただきます。

コメントをお寄せいただきありがとうございました。

職種

職種を選択してください

コメント

コメントを入力してください

閉じる
閉じる
【参考文献】
(1) 奥井 伸宜:自動運転ロボットを活用したRDE 試験運用の可能性追求、自動車技術会2022年春季大会学術講演会講演予稿集、No.20225278