Official Announcement
公式通知&結果

第17回大会 公式通知および結果について掲載しています。
→ 集合写真はコチラ

公式通知一覧

※リンクファイルはPDF形式です。

総合成績

順位 Car No. 学校名 Total Score
1 7 名古屋工業大学 800.81
2 10 横浜国立大学 787.59
3 E01 名古屋大学EV 746.31
4 3 Tongji University 673.85
5 8 神戸大学 667.47
6 13 茨城大学 652

総合表彰

賞名 受賞校 概要 提供
総合優秀賞 1位:名古屋工業大学
2位:横浜国立大学
3位:名古屋大学EV
4位:Tongji University
5位:神戸大学
6位:茨城大学
全ての審査に参加し、総合得点が上位の6チーム 小野測器
経済産業大臣賞 名古屋工業大学 全ての審査に参加し、総合得点が最も高いチーム 経済産業省
国土交通大臣賞 名古屋大学EV 全ての審査に参加し、EVクラスで総合得点が最も高いチーム 国土交通省
静岡県知事賞 横浜国立大学 静的審査、エンデュランスを除く動的審査、 騒音、消費効率、安全、軽量化努力の評価が高いチーム 静岡県
掛川市長賞 名古屋工業大学 動的審査の得点が最も高いチーム 掛川市
袋井市長賞 大阪大学 静的審査の得点が最も高いチーム 袋井市
日本自動車工業会会長賞 Tongji University
東海大学
名古屋工業大学
神戸大学
横浜国立大学
福井大学
静岡大学
茨城大学
日本工業大学
Kasetsart University
Universitas Gadjah Mada
日本自動車大学校
愛知工業大学
Prince of Songkla University
山梨大学
埼玉大学
岡山大学
大阪産業大学
ものつくり大学
金沢大学
鳥取大学
同志社大学
広島工業大学
富山大学
Hanyang University
名古屋大学EV
National Tsing Hua UniversityEV
全ての静的・動的審査に参加し、完遂・完走しているチーム
(書類遅延及びエンデュランス完走後の騒音ペナルティーが無いこと)
日本自動車工業会
日本自動車部品工業会会長賞 日本工業大学 エンデュランス完走チームのうち、
コスト審査、プレゼン審査、軽量化の評価ポイントの最も高いチーム
日本自動車部品工業会
ICV総合優秀賞 名古屋工業大学 全ての審査に参加し、ICVクラスで総合得点が最も高いチーム JSAE
EV総合優秀賞 名古屋大学EV 全ての審査に参加し、EVクラスで総合得点が最も高いチーム ピューズ
静岡県

種目別表彰

賞名 受賞校 概要 提供
デザイン賞 1位:京都大学
2位:大阪大学
3位:名古屋大学EV
デザイン(設計)の得点が最も高いチーム オーテックジャパン
コスト賞 1位:大阪大学
2位:京都工芸繊維大学
3位:日本工業大学
コスト・製造審査の得点が最も高いチーム NOK
プレゼンテーション賞 1位:日本工業大学
2位:横浜国立大学
3位:芝浦工業大学
プレゼンテーション審査の得点が最も高いチーム TOYO TIRE
加速性能賞 1位:千葉大学
2位:Kasetsart University
3位:Tongji UniversityEV
アクセラレーション(加速性能)審査の得点が最も高いチーム 住友ゴム工業
スキッドパッド賞 1位:名古屋工業大学
2位:立命館大学
3位:京都工芸繊維大学
スキッドパッド審査の得点が最も高いチーム JSAE
オートクロス賞 1位:名古屋工業大学
2位:横浜国立大学
3位:京都工芸繊維大学
オートクロス審査の得点が最も高いチーム JSAE
耐久走行賞 1位:名古屋工業大学
2位:横浜国立大学
3位:立命館大学
エンデュランス(耐久走行)審査の得点が最も高いチーム エイヴィエルジャパン
省エネ賞 1位:Tongji UniversityEV
2位:名古屋大学EV
3位:National Tsing Hua UniversityEV
消費効率審査の得点が最も高いチーム 日本ミシュランタイヤ

特別表彰

賞名 受賞校 概要 提供
スポーツマンシップ賞 京都工芸繊維大学
ホンダテクニカルカレッジ関東
東京大学
スポーツマンシップ・マネージメント・安全等に対する活動評価が高いチーム。 大会実行委員会
ルーキー賞 ICVクラス:Hanyang University 日本大会初参加で総合得点が最も高いチーム 大会実行委員会
EVクラス:JiLin UniversityEV
ジャンプアップ賞 1位:静岡工科自動車大学校
2位:トヨタ東京自動車大学校EV
3位:同志社大学
全ての審査に参加し、前回大会比で最も総合得点を向上させたチーム 袋井商工会議所
最軽量化賞(ICV) 上智大学 エンデュランスを除く全ての審査に参加した最軽量車両のチーム 深井製作所
最軽量化賞(EV) 豊橋技術科学大学EV
CAE 特別賞 1位:京都大学
2位:Tongji University
3位:名古屋大学EV
CAE技術の評価が最も高いチーム アルテアエンジニアリング
ベスト三面図賞 1位:京都大学 設計行為の集大成である"図面"を通じて審査員に最も多くの情報を的確に伝えたチーム 東京アールアンドデー
ベストエアロ賞 1位:Tongji University オートクロスまでを完走したチームの中で、レーシングカーとしても最も効果的な空力解析及び熱流体解析を行い、実践したチーム 東京アールアンドデー
ベストコンポジット賞 京都大学 軽量化、強度/剛性、見栄え等の観点でレーシングカーとして最も高完成度なコンポジットパーツを実現したチーム 東京R&Dコンポジット工業
エルゴノミクス賞 1位:京都大学
2位:Tongji UniversityEV
3位:豊橋技術科学大学EV
レーシングカーとしてのドライビングポジション、ペダルやハンドルの操作性、メーターの視認性など人間工学的に優れたデザインを実現したチーム ブリッド
ベスト・サスペンション賞 1位:京都大学
2位:茨城大学
3位:Tongji University
サスペンション性能評価が最も高いチーム  ゼットエフ・ジャパン
ベストラップ賞 1位:名古屋工業大学
2位:横浜国立大学
3位:神戸大学
エンデュランスのラップタイムが最も速いチーム キグナス石油
ベスト電気回路設計賞 1位:名古屋大学EV
2位:National Tsing Hua UniversityEV
3位:トヨタ東京自動車大学校EV
電気回路設計が最も優れているチーム Siemens-Mentor Automotive
グッドアキュームレータコンテナデザイン賞 1位:Tongji UniversityEV
2位:豊橋技術科学大学EV
3位:名古屋大学EV
アキュームレータコンテナのデザインの評価が最も高いEVチーム プライムアースEVエナジー

ページトップに戻る↑