自動車技術会

ガソリン機関部門委員会

1.活動目的

自動車用パワートレーンの主流であるガソリンエンジンは現在、「電動化」、「内燃機関排除」、「カーポンニュートラル政策」等により、かつてない逆風、激流の真っただ中にいる。しかしながら、ガソリン機関が今後も主流であることは自明で、今後のさらなる環境規制強化、エネルギー問題に対応するため、従来以上のさらなる革新的進化が求められる。本委員会ではそれに対応すべく、ガソリンエンジンの熱効率、有害排気物質低減、出力特性、安全・信頼性、コスト、小型・軽磁化など、各性能のさらなる向上を目指すと同時に、評価パラメータ増加に対する適合エ数増大などに対応するモデルペース開発へも精力的に取り組んでいく。これら広範囲にわたる先進技術開発と、産学官のメンバーでの活発な論議を通じて、将来のガソリンエンジンのあるべき姿を追求し、これらの成果を広く研究者に紹介、実用化に貢献する。

2.委員長・幹事(2022-23年度)

委員長 秋濱 一弘(日本大学)
幹事
  • 市 聡顕(カワサキモータース株式会社)
  • 近藤 卓(本田技研工業株式会社)
  • 田中 大二郎(ヤマハ発動機株式会社)
  • 野寄 高宏(エイヴィエルジャパン株式会社)

3.主な対象分野・事項

  • 火花点火機関
  • エンジン部品・要素
  • 可変動弁機構
  • 車体/エンジン/吸排気系/部品要素
  • 燃費/熱効率
  • 性能/燃費/効率
  • 排出ガス/有害排出物
  • 燃料噴射/燃料噴霧
  • 過給
  • 混合気形成/ガス流動

4.活動内容

コロナ禍とカーポンニュートラルに向けた社会変化に対応すべく、基本的には前年度の内容を骨格としつつ、基本オンラインで、訴求内容も刷新する。
①年度初めに全委員宛てにアンケート実施し、今後の運営への助言・提案をいただく。
②委員会活動は、カーポンニュートラル対応に重点を箇き、各回ごとに話題提供テーマを選定し、そのテーマに精通した4団体に話題提供を行っていただく。また、委員会最後は、総合パネルディスカッションも実施し、議論と理解を深める。なお、年一回は、ディーゼル機関部門委員会との合同かつ公開の委員会を設けている。
③工場見学会は、コロナの沈静化を見極め、年度中に実施是非を判断する。
④シンポジウムは年2回実施し、当委員会単独実施とディーゼル機関部門委員会との合同実施を各1回ずつ行う。
⑤春季大会では、オーガナイズド・セッションを企画し、自動車業界の発展に寄与すべく、広くガソリン機関に関しての技術成果をPRしてゆく。
⑦フォーラムについては、カーボンニュートラル政策の影響が大きく、今年度は実施見送りとする。

5.技術のロードマップ

「部門委員会一覧」に戻る