自動車(TC22)標準化活動

自動車技術会の標準化事業

自動車技術会は日本産業標準調査会(JISC)から委任され、国際標準化機構(ISO)の自動車専門委員会(TC22)の国内審議団体として、国際会議への委員派遣、対応部会・分科会における審議、TC22傘下の分科委員会(SC)や作業グループ(WG)の国際議長・幹事国の引き受けなどを通して、自動車に係わる国際規格作成に貢献しています。

さらには、日本産業規格(JIS)原案の作成や団体規格であるJASOの制定によって、自動車産業全体及び消費者に標準情報を提供し、自動車に係わる技術進歩、安全性の確保及び生産の効率化などに寄与しています。

お知らせ

自動運転に関する情報

公益社団法人自動車技術会は、JASOテクニカルペーパ TP18004 「自動車用運転自動化システムのレベル分類及び定義」を、原文であるSAE J3016_202104の最新版に合わせた日本語参考訳として改訂し、2022年3月18日に発行、本日より本会ウェブサイトにて無償公開しました。

本テクニカルペーパは、自動運転レベル定義として広く知られている SAE J3016: Taxonomy and Definitions for Terms Related to Driving Automation Systems for On-Road Motor Vehiclesの日本語参考訳にあたり、本会ITS標準化委員会
(TC204)/走行制御分科会(WG14)が和訳を作成、精査し、自動運転標準化検討会が監修を行いました。

JASOテクニカルペーパ 附属書データ (TP22001:2022, TP23001:2023) および FAQ

■JASO TP 22001:2022 『半導体素子の製品/工程変更に伴う顧客への通知ガイドライン』
■JASO TP 23001:2023 『電子受動部品の製品/工程変更に伴う顧客への通知ガイドライン』

自動車用の半導体や受動部品は、CASE 対応にて加速度的に採用が増加しており、自動車の商品性を担う重要な部品となっています。そのため、昨今のコロナ禍の影響など、突発的な災害発生や世界規模の需給バランスの乱れに際し、自動車の生産継続には、効率的な部品切替が要求されます。

今回、対象となる製品や工程変更手続きについて、一般社団法人日本自動車工業会で国内外のECUメーカと半導体/受動部品メーカとの意見交換を経て基本骨子を作成し,本会電子・電装部会/自動車用半導体分科会において、カーメーカ、ECUメーカ、半導体/受動部品メーカのサプライチェーンを維持強化するための標準ガイドラインとしてまとめ、上記のテクニカルペーパを作成しました。

本テクニカルペーパに掲載された附属書の電子データ(Excel, Powerpoint, PDF)のダウンロードは以下から可能です。
附属書の使い方は当該テクニカルペーパをご参照ください。

■TP22001:2022

■TP23001:2023

■FAQ

国際 標準化情報

自動車の標準化 パンフレット

ISO/TC22情報

SC/WG及び関連TC情報

ISO活動状況報告書、国際会議出席報告書を閲覧いただけます。
年度会費請求時にIDとPasswordを郵送しております。
ログインできない方は会員番号と連絡先を記載の上、kikaku@jsae.or.jpまでご連絡ください。

国内 標準化情報

JASO目録

JASO(日本語・英語)のタイトル一覧をご覧いただけます。

JASOサポート会員専用ページ

年度会費請求時にIDとPasswordを郵送しております。
ログインできない方は会員番号と連絡先を記載の上、kikaku@jsae.or.jpまでご連絡ください。

規格パブリックコメント

【規格 パブリックコメント募集】

現在募集中のパブリックコメントはありません。

お問い合わせ

公益社団法人自動車技術会
規格グループ 規格課
〒102-0076 東京都千代田区五番町10-2 五番町センタービル5階

個人情報の取り扱いについて

TOP