自動車技術会

CVT・ハイブリッド部門委員会

1.活動目的

無段変速機(CVT)とハイブリッドパワートレーンに関する基礎研究・実用研究は、環境問題(燃費,エミッション)、性能向上(効率向上、変速ショックレス,加速性等)、応用拡大(大容量化、コンパクト化、生産技術)をターゲットに多様に展開され、日々技術が進歩している。当委員会では、下記の最新技術の情報収集、動向把握、および技術課題の討議を通じて、駆動系技術の向上に寄与することを活動目的とする。
(1) スチールベルトCVT、スチールチェーンベルトCVT技術 
(2) トラクションドライブCVT技術 
(3) HSTなど、ベルトやトラクションドライブ以外のCVT技術 
(4) ハイブリッドパワートレーンのCVT機能および電動機、エンジンの統合技術,パワーマネージメント技術 
(5)CVTおよびハイブリッドパワートレーン技術の現状分析と将来ビジョンの継続的な検討

2.委員長・幹事(2022-23年度)

委員長 佐藤 佳司(自動車用動力伝達技術研究組合)
幹事
  • 中澤 輝彦(株式会社豊田中央研究所)
  • 中澤 智一(シェフラージャパン株式会社)

3.主な対象分野・事項

  • 変速機
  • CVT
  • ハイブリッドシステム
  • ベルトドライブ/トラクションドライブ/チェーンドライブ
  • 制御システム
  • 油圧システム
  • 潤滑油/トランスミッションオイル
  • 強度
  • 疲労
  • 機構

4.活動内容

1.通常の委員会の話題提供を基にした当該分野の最新技術の情報収集、動向把握、および技術課題の討議。
2.春季大会OSの企画と実施。
3.シンポジウムの企画と実施によるCVT・ハイブリッドのパワートレーン技術の情報発信。
4.見学会の実施による関連技術情報の理解。

5.技術のロードマップ

「部門委員会一覧」に戻る