自動車技術会

車室内環境技術部門委員会

1.活動目的

様々な環境で運用される自動車の車室内環境を乗員の健康や安全に配慮し維持しているのが自動車空調である。特に近年の電動化・動力の高効率化により車両運用エネルギーにおける快適維持分の比率は増しており、効率よく冷暖房できる車両・部品技術が課題である。また昨今の感染症対策含めた空気質管理技術も自動車特有の運用や構造要件を考慮した取り組みが必要である。この様に自動車空調は様々な技術分野の協調が必要不可欠であり、当委員会では各社共通技術テーマの共同研究・調査の他、温熱快適や空気質にかかわる様々な分野の最新情報の共有化・議論により我が国の自動車空調技術・車室内環境制御技術の先進性を高める。

2.委員長・幹事(2022-23年度)

委員長 吉浪 讓(日産自動車株式会社)
幹事
  • 井上 実(マツダ株式会社)
  • 尾関 義一(AGC株式会社)
  • 深沢 太香子(京都教育大学)
  • 六嶋 公平(株式会社デンソー)

3.主な対象分野・事項

  • 油冷システム/空冷システム
  • エアコンディショナ
  • 冷媒
  • 空気質/臭い
  • CFD (*)
  • アルゴリズム/モデリング
  • 車室内環境
  • 空調/快適性
  • 温度制御/環境制御
  • 熱害

4.活動内容

①車両空調の省エネ技術の調査探索:調査・話題提供・研究調査事業
②車室内温熱環境評価指標検討:調査・話題提供・研究調査事業
③空気質向上技術調査:調査・話題提供
④車室内標準モデルを対象とした基礎検討(車室内環境計測、計算バーチャル技術精度UP):調査・話題提供・研究調査事業

5.技術のロードマップ

「部門委員会一覧」に戻る