自動車技術会

自動運転技術部門委員会

1.活動目的

「自動運転」はさまざまな社会的課題の解決や新たなビジネスの創出,さらに我々の日々の生活に大きな影響を与える技術として期待されている.「自動運転」という単語に対するイメージは各人,各様であり,「自動運転」を謳う委員会としては,その守備範囲,対象技術領域を明確化しなければ多種多様な関係者のサロンと化す可能性がある.
本委員会は「自動運転車両が走行するために必要となる工学的技術」のみを対象とする.
それ以外の社会受容性,社会への影響,法律,保険制度,基準,標準,ビジネスなど,多岐にわたる「自動運転を取り巻く課題」については対象としない.
また,現在は自動運転の黎明期であるため,特殊な技術として扱われているものの,「自動運転技術」が汎用的に使われ,「自動運転技術」の冠をつけるまでもなくなった場合には,その役割を終えたことにし,解散する.
設立の目的は,わが国の自動運転技術者が共に高めあい,その技術レベルを向上させることにある.グローバルな競争となっている当該分野において,協力できるところは協調し,競争するところは競争してレベルを上げる必要がある.協調領域においては技術者層を厚くし,議論できる集合を拡張することも必要である.
上記の目的を達成するために,敢えて狭義の「自動運転技術」委員会を設立する.

2.委員長・幹事(2020-21年度)

委員長 菅沼 直樹(金沢大学)

「部門委員会一覧」に戻る